ボジョレー キュヴェ・ケケ 2014 750ml/ケヴィン・デコンブ

価格: ¥2,550 (税込 ¥2,754)
[ポイント還元 28ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

ケヴィン・デコンブ


マコンからリヨンへ南下する途中、右手に大小起伏のある山々の連なる光景が一面に広がる。ボジョレーの街ベルヴィルから西へ6kmほど緩やかに登りきったところに、クリュ・ボジョレーのひとつであるモルゴンの産地ヴィリエ・モルゴン村がある。その村をさらに東へ登ったシルーブル村との境にケヴィン・デコンブのドメーヌがある。畑の総面積は4haでAOCはモルゴンとボジョレー。畑の標高は500mとモルゴンの中では比較的高く傾斜にも恵まれている。さらに南に面している分、たいへん日当たりが良い。 気候はコンチネンタルで、夏はたいへん暑く冬はたいへん寒い。東西南北に広がる丘陵地帯によって、冷たい風や多量の雨からブドウ畑が守られている。

オーナーのケヴィン・デコンブは、ジョルジュ・デコンブを父親に持つ生粋のヴィニョロン一家で育った。幼少の頃からワインの世界に触れていたケヴィンは、10歳の時にはすでに父親の後を継いでヴィニョロンになることを決めていた。2008年にベルヴィルの農業高校で2年間ブドウ栽培と醸造を学び、残りの2年間は1週間学校でワインの勉強、そして1週間は父親のドメーヌで研修という経緯を経て、2012年20歳の時に父デコンブの畑( ACボジョレーとACモルゴン)の4haを譲り受け、自らのドメーヌをスタートする。また同年にドメーヌと並行して、父ジョルジュと一緒にネゴシアンを立ち上げる。

ジョルジュ・デコンブのエスプリを忠実に引き継ぐケヴィン・デコンブ。現在、彼は4haの自社畑(モルゴン3ha、ボジョレー1ha )と父ジョルジュ・デコンブの畑のトラクター作業を全て管理している。かのフレデリック・コサールも「彼は若いがポテンシャルが高く将来性がある!」と大きな期待を寄せており、2014年からコサールのコンサルティングの下、タッグを組んでネゴスのヌーヴォーを手掛けている 。畑はドメーヌもネゴスも100%ビオロジック。畑作業は特に土起こし、そして醸造は低温マセラシオンにこだわる。彼のモットーは「環境に配慮しながら、丁寧な仕事を行う こと 」で、ブドウの栽培から醸造まで 、環境に配慮しつつひとつひとつの細かい作業を丁寧にこなすことで、美味しいワインが生まれると信じている。また、好奇心旺盛なケヴィンは、将来的にはボジョレーのヴァンナチュールにおいて、まだまだ未開拓のサンタムールやジュリエナでドメーヌのワインを仕込みたいと考えている。


ボジョレー キュヴェ・ケケ


ワイン名のKeKeはケヴィンの愛称!エチケットの絵は、父親の畑にある幼い頃の遊び場だったバラック小屋をデザインしている!

収穫日は9月11日。収量は45hL/ha。SO2は瓶詰め時に15mg/L 。軽くフィルター有り。
ブルーベリー、ミュール、イチジク、トマト、黒オリーブ、白胡椒、粘土の香り。ワインはフレッシュかつ果実味が 豊かでボディにメリハリがあり、チャーミングな酸と細かく優しいタンニンがきれいに融合する!(インポーターさん資料から抜粋)


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ