ヴァン・ド・フランス ルージュ ジグ・ザグ 2016 750ml/ドメーヌ・レ・ドゥー・テール

価格: ¥2,338 (税込 ¥2,524)
[ポイント還元 25ポイント~]
数量:
在庫: 6本

返品についての詳細はこちら

twitter

ドメーヌ・レ・ドゥー・テール


ヴァランセをローヌ川に沿って南に50kmほど下ると、お菓子のヌガーの発祥地モンテリマールがある。モンテリマールからローヌ川の対岸へ渡り、小高い山間を西へ 25kmほど進むと、ドゥーテールのドメーヌがあるヴィルヌーヴ・ド・ベールにたどり着く。総面積8haのドメーヌ畑は、ヴィルヌーヴ・ド・ベールから4km北上した、標高340mの粘土質・石灰質土壌の丘ミラベルに5ha、そこから3kmほど離れた標高380mの南向きに面したバザルトの台地リュサスに3haと大きく2つのテロワールに分かれて、それぞれ違う個性のワインをつくり出す。気候は地中海性気候で夏は暑く乾燥しやすいが、大陸性の気候や山間のミクロクリマも左右し、年間を通じて適度な雨も降る。また、昼と夜の寒暖の差が激しいのでブドウの成熟に適している。この地域は丘陵地帯で山間の渓谷などが複雑に入り組んだ自然の観光スポットがいくつもあり、夏はアウトドアの旅行者で賑わう。ワインのほか、栗やシェーヴルチーズのピコドンなどが有名。

マニュエルとヴァンサンが最初に出会ったのは1998年、ミラベルにある農業学校で、ヴァンサンは当時農業学校にある畑とカーヴの仕事に従事し、マニュエルは自分でワイナリーを立ち上げる準備の一環として学校に通っていた時だった。二人はその時に意気投合し、いつか一緒にワインづくりを行なうことを誓う。2000年に学校を卒業したマニュエルは、コトー・デクス・アン・プロヴァンスにあるドメーヌ・グロージュの醸造責任者として働き、その翌年の2001年、マニュエルの強い説得と推薦で、ヴァンサンは農業学校を退職し、ドメーヌ・グロージュの栽培責任者として加わる。2004年、ワイン哲学の違いからマニュエルがドメーヌを退職し、ヴァール県のサン・マキシマンにあるドメーヌ・デファンの醸造栽培責任者として働き始める。そのマニュエルを追う様に、同年、ヴァンサンがドメーヌ・グロージュを辞め、同じくサン・マキシマン付近にあるドメーヌ・トリエンヌ(デュジャックのジャック・セイスとDRCのオベール・ド・ヴィレーヌがスタートさせたドメーヌ)の醸造栽培責任者として働き始める。ドメーヌ通しが近く、交流が深かったことから、また再び二人は毎日顔を合わせることとなる。2008年、満を持したマニュエルがヴァンサンにドメーヌ立ち上げのプロポーズをし、一足先にアルデッシュに戻り3haほど畑を購入する。2009年、ドメーヌ・トリエンヌを退職したヴァンサンもアルデッシュに戻り、父親が持つ畑5haを引き継ぎ、ドメーヌ・レ・ドゥーテールをスタートさせる。

ビニョロンの家系だったヴァンサンとビニョロンの家系でなかったマニュエルが二人三脚で経営するレ・ドゥーテール。マニュエルがリュサックにある3haの畑、ヴァンサンがミラベルにある5haの畑を所有し、醸造栽培は2人で管理している。(他にヴァンサンの父親が畑、マニュエルの妻が事務の仕事を手伝う)彼らのモットーは「消費者が喜ぶ自然派ワインをつくる!」こと。ワインの欠点に一切の妥協は許さず、常にコストパフォーマンスの高いワインをつくり上げるために、テイスティングなどお互いの厳しいチェックは欠かせない。レ・ドゥーテール「二つの土地」というドメーヌ名には、2人の才能、2人のそれぞれテロワールの異なるブドウを持ち合わせ、ひとつの素晴らしいワインをつくり上げるという彼ら一心同体の強い思いが込められている。


ヴァン・ド・フランス ルージュ ジグ・ザグ


シラー45%、グルナッシュ40%、メルロー15%。収穫日はメルローが9月15日、グルナッシュが22日、シラーが24日。収量は38 hL/ha平均。ワイン名は「紆余曲折」で、初リリースのワインの状態が落ち着くのに時間がかかったことからこの名前が付けられた!SO2無添加、ノンフィルター!

ブルーベリー、ミュール、スミレ、ミント、クローブ、甘草、メントール、森の香り。ワインはしな やかで優しく、野趣あふれる中に清涼感があり、染み入るような果実味に硬質なミネラルと 優しいタンニンがきれいに溶け込む!(インポーターさん資料から抜粋)


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ