ヴァン・ド・フランス ルージュ レオン・エ・セラファン 2016 750ml/マチュ・デュマルシェ

価格: ¥2,210 (税込 ¥2,386)
[ポイント還元 24ポイント~]
数量:
在庫: 6本

返品についての詳細はこちら

twitter

マチュ・デュマルシェ


南ローヌの都市オランジュから北へ20 kmほど上った小さな村ラ・ボーム・ド・トランジットの外れに彼のカーヴがある。カーヴのまわりは広域にわたってトリュフ畑に囲まれ、その小さな一角に0.7haほどの彼のシラーの畑、そして東に4kmほど向かったガリーグの小高い丘の中腹に4.3haほどグルナッシュ、カリニャンの畑が点在している。この土地の気候は地中海性気候だが、地中海性気候の北部境界線でもあり大陸性気候の影響も受ける。(10kmほど北は主にエルミタージュ等のシラーの産地になる)また、品種的にはグルナッシュやカリニャンの栽培限界地でもあり、南のシャトーヌフ・デュ・パプよりも比較的酸の乗ったエレガントなグルナッシュができやすい。1年を通して北風ミストラルが吹き乾燥しているため、病気の被害が少ないのも特徴。

マチュ・デュマルシェは、2006年に自らのワイナリーを立ちあげたばかりの新星のビニョロンだ。高校卒業後、1997年モンペリエにあるエコール・ド・アンジェニエールで1年間食品科学、3年間醸造学と栽培学を学ぶ。その頃からビオロジックに興味を持っていた。2000年に学校を卒業後、6ヶ月間ラングドックのワイン農協で醸造を担当した。その後、世界のワインを学んでみたいと思ったマチュは、ワイン農協を辞めアルゼンチンへ飛ぶ。6ヶ月間アルゼンチンのワイナリーで働いた後、一度フランスに戻り、今度はマディランのワイン農協で働きながらお金を貯めて、再度海外へ飛ぶ。ニュージーランドのワイナリーで6ヶ月働いた後、2002 年の終わりに再びラングドックに戻り、ミネルヴォワでワインコンサルタントとして1年働く。その間で自然派ワインのつくり手ジャン・パティスト・セナに出会い、自然派ワインの流儀に目覚める。2003年にジャン・バティスタ・セナのところで6ヵ月働き、その後、ワイナリー立ち上げのための自己資金を蓄えるために2年間コルシカで働く。そして、2006年念願のワイナリー立ち上げに至る。

現在、マチュは5haの畑を1人で管理している(繁忙期は季節労働者が数人手伝う)。彼の所有するブドウ品種は、シラー、グルナッシュ、カリニャンの3品種で、樹齢は7年~65年。「良いブドウを作るために、しっかりと畑を耕す!」をモットーに有機の畑作りに力を入れている(2009年にエコセールの認証予定)。彼自身、南ローヌに拠点を置くものの、好きなワインのタイプが北のエレガント系であることから、必然的に彼のワインづくりは、酸とワインの繊細さ、そしてバランスの大切さに意識が集中する。2008年は、彼の初ミレジムでもある06年ワインが、いきなりLes meilleur Vins de France (クラスマン)から「期待の新人!」として注目されるなど、フランスでも評価と期待が高まりつつある。


ヴァン・ド・フランス ルージュ レオン・エ・セラファン


シラー60%、グルナッシュ40%。キュヴェ名のレオンとセラファンはフランスの昔の名前で、以前レオンはカルボニック、セラファンはクラシックな方法で醸造していたものをスミカルボニックに統一しひとつのキュヴェにした!収穫日は9月14日~16日。収量は 30hL/ha。SO2は瓶詰め前に15mg/L添加。ノンフィルター!

グロゼイユ、イチジク、モロヘイヤ、メントール、黒ゴマ、小豆、潮の香り。ワインはみずみずしくほのかにスパイシーで、透明感のあるピュアな果実味に洗練されたミネラルがきれいに 溶け込む!(インポーターさん資料から抜粋)


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ