コート・デュ・ジュラ シャルドネ 1 2014 750ml/ドメーヌ・デュ・ポン・ド・ブリュ

価格: ¥3,060 (税込 ¥3,304)
[ポイント還元 33ポイント~]
数量:
在庫: 2本

返品についての詳細はこちら

twitter

ドメーヌ・デュ・ポン・ド・ブリュ


コートジュラの北,Salin村。かつては岩塩がとれた山の近くです。
実家はジュラ地方特産のコンテチーズを造るための乳牛を放牧しており、牧草地の片隅に小さなブドウ畑があったとのこと。

その牧草地の一部にサヴァニャンを植えたのが1983年。その8年後の1991年にドメーヌを立ち上げ少しずつ牧草地をブドウ畑に変え、現在は4haのブドウ畑と14haの牧草地を所有しています。

畑は彼の牧草地に囲まれているため他の畑からの影響を受けることがなく、2004年から始めたビオディナミで栽培するための理想的な環境が整っています。
更に、この周辺の土壌はジュラ地方で唯一のキンメリジャンであることが特徴です。ジュラ地方の土壌の大半は泥灰土が基盤となっているため、キンメリジャンはとても珍しいと言えるでしょう。

畑の面積は、以下のとおりです。
シャルドネ1,1ha、サヴァニャン1,1ha、プルサール、0.5ha、トゥルソー1ha、ピノ・ノワール0,3ha

銀行のディレクターだったジャン・シャルル・メイルが、1991年にドメーヌを立ち上げ栽培・醸造を行ってきましたが、2014年を最後に引退を決めており、跡継ぎのいない彼はドメーヌ存続の為、ボーヌでワイン醸造を勉強し地元に戻って来たシリアル農家生まれのエミリー・ジェラール夫妻に引き継ぐ事にし、約2年ほど農作業や醸造を教えてきました。

本来ならばその後1~2年も手伝いながら教えていく予定でしたが、2015年12月突然の病で帰らぬ人となりました。

今回ご案内の2014年のワインが彼の最後の醸造となります。
2014年のシャルドネ1回目の瓶詰とプールサールはジャン・シャルル・メイルが瓶詰し、シャルドネ2回目の瓶詰、サヴァニャン、トゥルソーVVは彼が亡くなった後に2人の娘達が瓶詰めしたものとなります。瓶詰め時期が異なる為、同じシャルドネではありますが味わいに違いが感じられます。


コート・デュ・ジュラ シャルドネ 1


シャルドネ。ジャン・シャルル・メイル氏によって瓶詰めされたもの。
中程度の黄色。雨の多かった年だったせいか酸が先行し、特に入荷時は香りや味わいも淡くフラットな印象でしたが、約2年寝かせることにより果実味や味わいを感じられるようになりました。黄リンゴや若いマンゴーなどの果実に、リンゴの蜜や飴のような甘い香りが仄かに薫り、スワリングするとフレッシュハーブやキンメリジャン土壌由来の海のようなミネラル感が感じられ、そして甘い香りもやや増していきます。
酸はキリッとしてフレッシュな果実を想像させますが、角がなく一定で若さを感じさせる印象です。(インポーターさん資料から抜粋)


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ