トップ > イタリア > トスカーナ > マッセート(オルネッライア)

 

マッセート
Masseto
オルネッライア
ORNELLAIA

サンテミリオン、ポムロールの土壌、そしてカリフォルニアの気候!?

1981年、オルネライアはイタリアの名門アンティノリ家のロドヴィコ・アンティノリ氏によってトスカーナのボルゲリに創設されました。

ロドヴィコさんはアメリカでワインビジネスを学び、自らのワイン造りの拠点としてカリフォルニアを考えていたそうです。しかし、彼はカリフォルニアワインの重鎮であったアンドレア・チェリチェフ氏と運命的に出会い衝撃的な一言を耳にします。
「アンティノリ家の所有するボルゲリは、サン・テミリオンとポムロールの土壌、そしてカリフォルニアの気候をもっている。なぜカリフォルニアに畑を買う必要があるんだい?」
この一言で彼はボルゲリでのワイン造りを決意したそうです。

メルロの魔術師、ミッシェル・ロラン起用

兄、ピエロ・アンティノリ侯爵の造るスーパータスカンSolaia(ソライア)の成功を端で見ていたロドヴィゴ・アンティノリ氏は、アンドレア・チェリチェフ氏のサポートによって、ボルドー品種のカベルネ&メルローのOrnellaia(オルネライア)を生み出しました。オルネッライアは、発売するとまたたく間に絶賛され、今では3大スーパートスカーナの1つと言われるようになります。

そして、コンサルタントにメルロの魔術師と呼ばれるミシェル・ロラン氏を起用し、単一畑のメルロ100%で造られたMasseto(マッセト)をリリースしたのです。

キング・オブ・メルロ、“マッセート”!!

マッセートはボルドー系品種のメルロ100%とそのリッチな味わいのため“トスカーナのル・パン”と呼ぶ方もいるようですが、年によってはその本家ル・パンをも凌駕するほどの品質を秘めています。

まさに、キング・オブ・メルロの1つといえるでしょう。

2011年VTは、温暖で地中海的なヴィンテージでした。非常に豊かな熟成感と凝縮感がありながら、見事にバランスのとれたマッセートです。完熟したベリーのアロマに溢れ、香ばしい樽香とダークチョコレートのニュアンスも感じられます。口にふくむとボリューム感があり、タンニンはしなやかかつ滑らかです。余韻は、果実とスパイスが鼻に抜けた爽やかな酸味があります。(インポーターさん資料から抜粋)

James Suckling - "Wow. Fabulous aromas of currants, rosemary, mint and orange peel. Perfect nose. Full body with perfectly integrated tannins. It's long and incredible with tangerine, toasted-oak, berry, terracotta and chocolate flavors. It lasts for minutes on the palate. This needs at least five years to soften but so spellbinding now." 100Pt

Wine Spectator - "Opulent and expressive, opening with coffee and vanilla aromas that lead to sweet plum and black cherry flavors. Leather, tobacco and iron notes contribute to the complexity. Lingers with a powerful, structured finish." 97Pt

 

 

マッセート

マッセート 2011
Masseto 2011

商品番号:  100201
ワイナリー: オルネッライア
生産地:   イタリア トスカーナ
格付:     I.G.T.    
タイプ:    赤
品種:     メルロー100%
容量:      750ml


¥76,500+税

在庫2本

 

この商品の関連商品をチェックする!