コンダード・デ・アサ クリアンサ 2016 750ml/アレハンドロ・フェルナンデス

価格: ¥2,400 (税込 ¥2,640)
[ポイント還元 26ポイント~]
数量:
在庫: 1本

返品についての詳細はこちら

twitter

アレハンドロ・フェルナンデス


ペスケラのワインを飲んだロバート・パーカーがワイン・バイヤーズ・ガイド第1版に「これぞスペインのペトリュス!」と書いたことで一躍その名を世界中に知らしめたペスケラ。今やスペインワインのアイコン的存在ともなったフェルナンデス・リベラ家の作り手としての歴史は、アレハンドロ・フェルナンデスと妻エスペランサ・リベラの独創性と一族の団結により、1972年に始まります。

スペインでは、19世紀まで良質なワインが随所で作られていましたが、20世紀に入ると、フランコの独裁政治などもあり、経済も国際的地位も一気に低下し、ベガ・シシリアが造るウニコなど一部のものを除き、安価な大量生産のワインが定番化していました。アルコール分が高く、重たいだけのスペインワインではなく、もっと酸の効いた上質なワインを造りたいと考えたフェルナンデスは、ブドウ畑を購入し、自らのワイナリーの創設を切望するようになります。

もともとスペインはワインに酸を与える土壌に恵まれ、あちこちに良質なブドウ畑が広がっていましたが、他の作物に転向するブドウ農家も多く、良質なブドウ畑がいつしか砂糖大根の畑に変わっていました。そんな中、最高のワイン造りに情熱を燃やすフェルナンデスは、アメリカ人のスティーブン・メツラーと組んでかつて良質なブドウ畑であった酸の強い土壌を丹念に探し求め、遂に1972年、リベラ・デル・ドゥエロのペスケラという港町に理想的な土壌を見出し、16世紀の小さな石造りの搾汁所を購入しました。1975年に初めてこの地で収穫を行い、ティント・ペスケラが誕生します。

ペスケラのワインによりリベラ・デル・ドゥエロが持つ潜在性が話題に上るようになり、1982年に原産地呼称リベラ・デル・ドゥエロが生まれ、このDOの誕生と共に、同年、ティント・ペスケラで最も標高の高い畑から収穫された極上のテンプラニーリョのみを使用し、最初のハヌスが作られました。このワインの名称は、ローマ神話の時の神ヤーヌスに因んでいます。

1985年、ロバート・パーカーがハヌスを「これぞスペインのペトリュス!」と評したことで、ペスケラは一躍脚光を浴び、スペインで最も権威あるボデガとして世界に広く認知され、今も最高の評価を受けています。現在フェルナンデス・リベラ・グループは、4つのボデガから成り、そのワインは世界70国以上で販売されています。2019年には、エスペランサとアレハンドロの孫たちがグループの経営陣に加わり、時代に適応する方針を打ち立てて、グループをリードしています。

栽培:ペスケラでは、有機栽培やビオディナミが世間で取り沙汰されるようになるずっと以前から羊の糞などを有機肥料として利用し、限りなく自然に近い手法を守ってきたため、有機栽培やビオディナミを取り入れたと言うより、ペスケラで昔から変わらず守ってきた手法がいつの間にか有機栽培やビオディナミと呼ばれるようになったと言う方が正しいでしょう。

醸造:ブドウは除梗し、2~3週間かけて天然酵母で発酵。タンクの外側に冷水をかけて冷却しながら発酵させるため、マロラクティック発酵中も27°Cを越えることはありません。樽に移し、こまめにルモンタージュしながら熟成。デブルバージュで沈殿物を沈め、月に一度樽からワインを出し樽を湯で洗浄。ろ過や冷却をせず、SO2が極めて低いため、ペスケラを飲んでも翌日頭が痛くなることは滅多にありません。テロワールの個性を際立たせるため、4つのボデガで同じ醸造手法をとっていますが、樽の種類や新樽率、熟成期間がキュヴェごとに違い、フレンチオークとアメリカンオークを絶妙に使い分けることで個性豊かな味わいを生み出しています。


コンダード・デ・アサ クリアンサ


ジャンシス・ロビンソンが「ワイン造りのダイヤモンド」と評したリベラ・デル・ドゥエロでも標高の高いコンダード・デ・アサの畑は、可憐な赤果実のアロマを湛えたエレガントなスタイルのテンプラニーリョを生みます。アペリティフとして単体でも楽しめるカジュアルなワイン。

産地:スペイン内陸部カスティーリャ・イ・レオン州(DOリベラ・デル・ドゥエロ)
品種:テンプラニーリョ100%
Alc:14%
畑面積:164ha
標高:811m
平均樹齢:25年
土壌:砂質ローム土壌
気候:大西洋・大陸性気候(年間降水量:400mm)
醸造:新樽率25%のアメリカンオークで18ヶ月熟成、6ヶ月瓶内熟成。無ろ過で瓶詰。(提供温度:14°C/デキャンタージュがお勧め)

相性料理:子羊肉やラム肉のロースト、ラムチョップ、グリル肉、ブドウ樹の新梢を使って焼き上げたラム・チョップのバーベキュー、牛の尾肉、子豚の丸焼きなどありとあらゆる肉料理、キャセロール(鍋料理)、半燻製チーズ、熟成させたチーズなど。

2016年は例年よりも温暖な年で、リベラ・デル・ドゥエロでは11月~12月まで霜が降らず、冬は平年より気温の高い日が続きました。春は例年よりも冷涼な気候と共に始まりましたが、萌芽の時期やサイクルは通常と変わりありませんでした。6月からの平均気温は極めて高かったものの、8月には平年並みの気温に戻り、昨年と同じ9月に収穫を迎え、健康状態の良い極めて上質なブドウが収穫されました。

クリアで鮮やかなチェリーレッドに、エッジは紫色を呈している。黒スグリやブラックベリーなどの黒果実の濃厚なアロマに、アメリカンオーク由来の仄かな甘草やスパイスの香りが感じられる。ふくよかなボディにバランスの良い安定感のある酸、丸みのあるタンニンを湛えたボリューム感のある伸びのある味わい。甘草のアロマが香る余韻の長い後味が広がる。既に飲み頃を迎えているが、瓶内熟成で美しく成熟してゆく。

ワインスペクテーター90点:熟れたチェリーや赤いプラムの風味が葉っぱやローム質の大地、ヴァニラの香りと共に溶け合う美しく調和のとれた赤ワイン。果実味にしっかりと溶け込んだタンニンが重厚なテクスチャーをしっかりと支え、柑橘系果実を思わせる酸が生き生きとした味わいを保持している。生産量2万9千ケース。≪飲み頃:2019-2028年|2019/9/30掲載≫

ジェームズ・サックリン93点2019年7月26日砕いたベリーやコーラ、チョコレートの可憐なアロマが後味まで続くミディアムボディ。果実味にしっかり溶け込んだ洗練されたタンニンを持ち、風味豊かな後味が広がる。複雑で美しい味わい。常に秀逸な品質の赤ワイン。今が飲み頃。(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ