ブルゴーニュ アリゴテ ラ・コルヴェ・ド・ビュリー 2016 750ml/ドメーヌ・ニコラ・フォール

価格: ¥4,400 (税込 ¥4,752)
[ポイント還元 48ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

ドメーヌ・ニコラ・フォール


アニェス・パケの下で1年間、ローヌの雄ジャン・ルイ・シャーヴの下で1年間の修業を終えたニコラ・フォールは、2010年5月にDRC社に入社。以来2015年3月に退社するまでの約5年間にわたって、同社で栽培の仕事を全うしました。
並行して2011年3月、ヴォーヌ・ロマネに接するニュイ・サン・ジョルジュ北東端のリウ・ディ「レ・ゼルビュ」の樹齢約50年の区画をフェルマージュによって賃借できる好機を得て、同年より、自身によるワイン造りを開始しました。

栽培と醸造はDRC社の手法を随所に採り入れ、また、「ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ゼルヴュ」の樽熟成には同社の1~2回使用樽を使用しています(AOCは厳に非公開だそうです)。

「芳香、複雑味、長い余韻の3点を追求しています」(ニコラ・フォール)。

2014年には、極少面積ながらも念願の自社畑(コトー・ブルギニヨンとACブルゴーニュ)を取得し、正真正銘のドメーヌとなりました。

2015年3月、DRC社の共同経営者のひとりであるアンリ・フレデリック・ロック氏当人より熱烈なラブコールを受けて、氏自身のドメーヌ「プリューレ・ロック」に異動(?)することになり、以来、同ドメーヌの栽培および醸造を担当しています。(さぞ面食らったことでしょう(笑))。


ブルゴーニュ アリゴテ ラ・コルヴェ・ド・ビュリー


ペルナン・ヴェルジュレス村内の区画「ラ・コルヴェ・ド・ビュリー」より。0.13ha。1914年に植樹された超VV。修業元であるアニェス・パケの4回使用樽(オークセイ・デュレス・ブラン)で発酵&10ヶ月間熟成。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ