• ランキング4

アンフリュアンス ブリュット NV 750ml/ミニエール

価格: ¥6,200 (税込 ¥6,820)
[ポイント還元 68ポイント~]
数量:
在庫: 5本

返品についての詳細はこちら

twitter

ミニエール


ミニエールはジャック・セロスでの修行を経て家業を継承したフレデリックとロドルフの兄弟 が、2007年からシャンパーニュ造りをスタートしたレコルタンです。ドメーヌではセロスから大きな影響を受けた樽発酵・樽熟成、ノンマロ、少ないドザージュを基本とし、ヴィエイユ・ヴィーニュのブドウによるリュー・ディの表現、そしてNVキュヴェでも5〜6年、ミレジメに至っては10年あるいはそれ以上の⻑期熟成を経てから飲み頃を迎えたものをリリースするという芸術的シャンパーニュ造りを行っています。畑は1960〜70年代初めに植樹された古木が主体で、 収量は極めて低く、ドメーヌ全体の年間の総生産量は2万8千本程度という少なさです。

ミニエールのシャンパーニュは、ニューヨークの三ッ星イレヴン・マジソン・パークや、ナパの三ッ星メドウッド、ソノマの三ッ星シングル・スレッド、ランスの三ッ星ラシエット・シャンプノワ、同じく二つ星レ・クレイエールなどの最高峰グラン・メゾン、そして、現代的ワインの圧巻の品揃えで知られるNYのラシーヌなどで、セロスやセドリック・ブシャールなどの超一流のグローワー達に堂々と肩を並べてオンリストされています。酸化的なニュアンスを含めて全体のバランスが 取れ、シームレスでモダンなタッチを備えたミニエールのシャンパーニュは、今、世界のシャンパーニュ愛好家が探し求める現代的シャンパーニュの1つです。

ドメーヌは1919年にランスの北西、シャンパーニュ地方最北端のエルモンヴィルにアルフレッド・ミニエールによって設立され、代々家族によって継承されてきました。現在ドメーヌを運営するフレデリックとロドルフのミニエール兄弟は、4代目当主として2005年にドメーヌを継承しました。 フレデリック・ミニエールは、アヴィーズで醸造栽培技術者の資格とワイン販売の資格を取得した後、ジャック・セロスの下で研鑽。1996年当時、ジャック・セロスは目覚ましい発展を遂げている先駆者でした。ゆっくりと時間をかけた長期の熟成、リュー・ディの表現、樽による醸造、そしてシャンパーニュにおけるビオディナミのパイオニアでした。フレデリックは、このセロスによる新しいシャンパーニュの潮流に強い影響を受け、その哲学に基づいたシャンパ ーニュ造りを自身で行いたいという想いに駆られるようになったのです。 しかし、その考えをすぐに実行に移すことはできませんでした。なぜなら、当時はまたフレデ リックの両親がドメーヌの当主で、彼らはフレデリックの望むような劇的な変化に対し好意的ではなかったからです。このためフレデリックは一時ランスのワインショップで数年間働いていま した。その後、2005年の⽗の引退に伴い、弟のロドルフとともにドメーヌに戻り、樽発酵・ 樽熟成による醸造に着手。デビュー・ヴィンテージとなる2007年物(2014年にリリース) で僅か2500本から元詰めシャンパーニュ造りをスタートしました。

ドメーヌの栽培面積は8ヘクタール。大部分の畑が南南西向きで理想的に日照を受けるエルモンヴィルの丘陵に位置しています。丘陵の上部は泥土と砂質の土壌、下部は泥土と粘土と砂質の土壌です。水捌けが良くミネラルが豊富で、ブドウの根が地中深く伸びて、 ブドウに養分を吸収するとともに、樹液をミネラルの要素で満たしてくれます。 栽培品種はシャルドネ2ha、ピノ・ノワール1.5ha、ピノ・ムニエが4.5haで、主要なヴィ エイユ・ヴィーニュの区画のブドウ木は接ぎ木なしで栽培されています。このため3品種全てで、ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズのブドウ木があり、その稀少な収穫ブドウは、将来、傑出した⾃根のキュヴェとなって表現される予定です。 ドメーヌでは、ワインは人生と同じく私達の性格を鍛え上げ、人生の指針を与えてくれる、出会いの痕跡をとどめていて、ブドウ木はその生命を地中から汲み取り、個性を果実に伝えるものであると考えており、この潜在力の表現であるワインの価値を引き立てることに強い愛着を感じています。ワインにとっての価値は、ボトルの中よりも畑のブドウ木の中にあるとい うことです。このため、ドメーヌではブドウ木に最大限の敬意を払い、最上のものを引き出せ るように努⼒しています。また有機肥料の使用、畑の耕耘、叢生栽培、環境に配慮した アプローチによる病害対策など、持続可能なサスティナブル農業に取り組み、自然のバランスと人類にとって極めて大切な生物多様性を最大限に守ることに努めています。

ドメーヌでは長年ブドウをヴーヴ・クリコやニコラ・フィアットなどのネゴシアンに売却していました。現在でもドメーヌで醸造しているのは8ヘクタールの所有区画のうちの1/4の僅か2 ヘクタール分にしか過ぎません。シャンパーニュの醸造を自前で行い、販売せずに長期間ストックしておくことは小さなドメーヌにとって難しいことです。このため、ドメーヌの残りの6ヘクタールで栽培されたブドウは、ブドウもしくは果汁の形で、ニコラ・フィアットなどのネゴシアンに売却されています。今後の中期的な目標は、ヴィエイユ・ヴィーニュの5ヘクタールの区画のブドウを全てドメーヌで醸造することです。 ドメーヌのワインは全て樽で醸造されます。ドメーヌのワインの異なる特徴を引き出すため に、また、シャンパーニュのエスプリにとって極めて大切なアッサンブラージュを複雑にするために、樽の容量や原産地、樽の年などは多種多様です。圧搾後、マストは発酵のためにバリックに入れられます。その後、シュール・リーの状態で定期的にバトナージュを施しながら8ヶ月間熟成されます。セラーでの長い熟成後もワインのフレッシュ感を保持するために、マロラクティック発酵は⾏いません。ティラージュ後、ワインは最低でも5年から6年、ミレジメに関しては10年あるいはそれ以上の期間、ドメーヌのセラーでゆっくりと時間を掛けて熟成させ てからリリースされます。このゆっくりとしたマチュラシオン・シュール・リーによってワインが完全に花開き、消費者に最大限の喜びを提供することができるのです。


アンフリュアンス ブリュット NV


アンフリュアンスとはフランス語で「影響」。ジャック・セロスから受けた大きな「影響」を名前に込めたドメーヌの看板キュヴェ。ドメーヌのエントリー・キュヴェに位置づけられるが、 醸造からリリースまでに実に6年からそれ以上をかけて飲み頃を迎えたものをリリースするという⼀般的なレコルタンのミレジメに比肩する長期熟成シャンパーニュ。

ドメーヌのシャンパーニュは全て樽発酵・樽熟成で醸造が行われます。樽内でのアルコール 発酵終了後、引き続きシュール・リーの状態で定期的にバトナージュを行いながら8ヶ月間樽熟成。樽の比率は、4年以下の新樽(ドメーヌでは使⽤4年以下のものを新樽と定義している)が30%、5年を超えた樽が70%。マロラクティック発酵は行わず、樽熟成後は濾過や低温安定化も行わずにティラージュして瓶内⼆次発酵へ移行。その後、澱と共に熟成させるマチュラシオン・シュール・リーを行う。 現行ロット︓⼆次発酵とマチュラシオン・シュール・リーの期間はトータルで54ヶ月。2015 年6月ティラージュ。2019年12月デゴルジュマン。リザーヴワインの比率は21%、ドザー ジュは4.5g/L。生産本数6,972本。

ピノ・ノワール30%(1975年植樹のリュー・ディ“レ・フォセル”)、シャルドネ28%(リュー・ディ“レ・フォントゥネル”)、ピノ・ムニエ42%(1986年から1993年植樹のリュー・ディ“レ・クチュレル)。全てエルモンヴィルの区画。

力強く複雑な⾹りは豊かなミネラル感が表現されている。アタックは素直で、口中は全体としてパイナップルやバナナ、マンゴーなどの黄色い果物思わせる複雑な風味とチョコレートのノートが感じられ、フィニッシュには柑橘果物と樽香と焙煎の風味が余韻に残る。(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ