ヴァン・ド・フランス ペティアン・ナチュレル サ・ヴァ・ビアン マグナム 2016 1500ml/ドメーヌ・ボールナール

価格: ¥8,100 (税込 ¥8,748)
[ポイント還元 87ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

ドメーヌ・ボールナール


フランス東部、ジュラ地方のアルボワの街を南に2kmほど下ると、標高400m以上の高原に囲まれた小さな村ピュピランがある。ピュピラン村の中心には、あの有名なピエール・オヴェルノワのドメーヌがあるが、彼のドメーヌから200mと離れていない場所にフィリップ・ボールナールのカーヴがある。彼のカーヴを囲むように総面積12.5haの畑が丘の斜面に点在し、赤のブドウ品種は全て太陽の燦々と当たる南面に、そして白は東北の面に位置する。ジュラ高原最大の支脈を背にして森林地帯が広がり、深い谷が南東に向いているため、ブドウ畑は厳しい冬の寒さと夏季の乾燥に耐えることができる。

現オーナーであるフィリップ・ボールナールは、ピュピラン村で父の代から続くヴィニョロンの家系で育った。彼が高校を卒業し、1年の軍隊経験を経た後すぐに3haの畑を手に入れ、同時期1975年、ピュピランのワイン農協に就職する。当時、彼の父親は彼にはメカニシャンに なってほしかったそうだが、彼は若い頃からビニョロンになることをあこがれていたそうだ。ワイン農協では醸造責任者を担当し、農協で働きながら少しずつ自身の畑面積を増やし、1987年には9haの畑を持つようになった。畑仕事が過度に忙しくなったため、1988年にワイン農協の醸造責任者を辞め、ブドウ農家一本に専念する。この頃から、ブドウを農協に売る一方で、毎年家庭消費用に自らのブドウで少量のワインをつくっていた。(これが後にピエール・オヴェルノワの目にとまる)2000年に彼の父親が亡くなり、さらに3.5haの父親の畑を引継ぎ、計12.5haの面積を持つにいたる。2005年、ボーヌの醸造学校でワインを学んでいた彼の息子が家に戻ってくるのを機にドメーヌ立ち上げを決意する。現在は、実質6.5haのブドウ畑で自らのワインを仕込み、残りの6ha分のブドウは引き続きワイン農協に売りながら生計を立てている。

現在、フィリップは12.5haの畑を2人で管理している(繁忙期は季節労働者が必ず数人手伝う)。彼の所有するブドウ品種は、ピノノワール、プルサール、トルソー、シャルドネ、ムロン・ド・アルボワ、サヴァニャンで、樹齢は若いもので19年、平均樹齢は30年である。昔からピエール・オヴェルノワをはじめマルセル・ラピエール、フィリップ・パカレと交友があり、フィリップがワインの農協で働いている時から、彼らのワイン哲学に多大なる影響を受けているとのこと。今後は、ピエール・オヴェルノワの醸造理念を見習い、全てのワインをゼロSO2で醸造できるよう、現在模索中である。(一部のワインはすでにゼロSO2である。)


ヴァン・ド・フランス ペティアン・ナチュレル サ・ヴァ・ビアン


サヴァニャン。収穫日は9月29日。収量は44hL/ha。残糖は14 g/L。ガス圧は3.7気圧。ブドウはLes Plantees(レ・プランテ)の区画から!キュヴェ名の「Ca va bien」は「悪くないよ!」という意味で、品種サヴァニャンと「サヴァビアン」をかけている!SO2無添加!ノンフィルター!

レモン、グレープフルーツ、みかん、ニワトコの花、黒豆、火打石の香り。ワインはフルーティかつ泡立ちが繊細で、ほんのり甘いネクターのようなボディに溶け込んだシャープな酸と洗練されたミネラルが後からじわっと口に広がる!(インポーターさん資料から抜粋)


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ