鳥居平 キュヴェ・トラディション ブラン 2015 750ml/シャトー勝沼

価格: ¥2,399 (税込 ¥2,590)
[ポイント還元 26ポイント~]
数量:
在庫: 4本

返品についての詳細はこちら

twitter

シャトー勝沼


1877年、勝沼で最も古い歴史を誇る造り手の一人、旧・今村醸造所(現:シャトー勝沼)が産声をあげて130年余。第三代当主、今村英勇氏が、130周年にあたって立ち上げた造り手が「鳥居平今村」である。この地で50年以上にわたるワイン造りの歴史を持つ当主今村英勇氏が、その威信と名誉にかけて世に問う“日本のファインワイン”。このワインの一滴一滴には、氏が畑に捧げてきた汗と情熱、そして甲州への“こだわり”が“日本の職人魂”として乗り移る・・・。鳥居平今村の看板は、その名に冠した勝沼最高峰のテロワールを誇る銘畑「鳥居平」にある。勝沼の多くの造り手が、わずか数ヘクトリットルを望んでやまぬ鳥居平の約半分を所有し、契約農家もあわせて約80%をその手中に収める。勝沼は日本でもトップクラスの銘醸地とはいえ、積算温度がドイツ並に低い一方、夏に40度近く上昇する高温があり、かつ雨が多いという過酷な気候条件下にある。鳥居平はそんな勝沼にあって、南西向きの絶好立地による日照をもって高い積算温度を誇り、“笹子おろし”と呼ばれる富士山からの吹きおろす冷風の通り道にあって夏でも朝晩には気温が下がり、その急斜面ゆえの水はけの良さで多雨条件下でもカビ害や水ぶくれから守られる小区画である。さらに、肥沃な火山灰土の土壌が多勢を占める勝沼にあって、鳥居平は粘土質に礫(れき:ミネラルを含む小石)を含む土壌ゆえのミネラル豊かなワインを生む。正に“神に愛されたテロワール”であり、「日本のロマネ・コンティ」とも言うべき存在である。鳥居平の素晴らしさは、このミネラル分による長熟力にあり、同家の甲州1981年を試飲したかのニコラ・ジョリー氏も「素晴らしい畑で造られたワインに違いない」と驚愕し、そのワインを1週間かけて試飲したという。勝沼が、そして日本が誇るファインワインが、今、そのベールを脱ぐ。

鳥居平 キュヴェ・トラディション ブラン


甲州種100%。“鳥居平”の葡萄のみで醸す。南西向きによるエリアNo.1の日照からもたらされる果実味。冷涼な風“笹子おろし”からもたらされる美しい酸と余韻の長さ。鳥居平を含めた菱山地区に特徴的な礫の混じる土壌からもたらされるミネラル。まさに甲州の中でも別格のテロワール。昔ながらの鳥居平産葡萄の味わいを尊重し、やや甘めに仕上げている。鳥居平の傑出した日照を実感させる果実味を前面に出した一本。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ