ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ クロ・サン・ジャック ヴィエイユ・ヴィーニュ 750ml/ドメーヌ・フーリエ

価格: ¥40,000 (税込 ¥44,000) ¥70,000 (税込 ¥77,000)
[ポイント還元 440ポイント~]
数量:
価格在庫購入
2017¥50,000(税込 ¥55,000)売り切れました
2016¥50,000(税込 ¥55,000)1本
2015¥70,000(税込 ¥77,000)1本
2011¥40,000(税込 ¥44,000)1本

返品についての詳細はこちら

twitter

ドメーヌ・フーリエ


ジュヴレ・シャンベルタン村のドメーヌ・フーリエです。
現在の当主は1971年生まれの五代目ジャン=マリー・フーリエ氏。ボーヌのワイン農業学校を卒業後、ブルゴーニュ大学の醸造講座に通いました。1988年には半年間アンリ・ジャイエで研修、その後父親の元で修行を積み、1993年オレゴンに渡りジョセフ・ドルーアンでアメリカのピノ・ノワール造りを学びました。1994年の帰国後23歳の若さで父の跡を継ぎました。

ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ヴージョに9.5haを所有し、その内1級とグラン・クリュが70%程度を占めます。

自ら「テロワリスト」と名乗り、醸造にテクニックを求めず、自然を支配することを好みません。高度な技術に頼らず、自然に任せていた20世紀初頭のヴィニュロンの流儀の再現を目指した古き良きブルゴーニュを思い起こさせるクラシカルなスタイルのワインを造っています。


ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ クロ・サン・ジャック ヴィエイユ・ヴィーニュ


ブルゴーニュの格付けの基盤を作ったジュール・ラヴァル博士は、クロ・サン・ジャックを1級畑の筆頭としていて、格上の特級畑に位置づけられていたのはシャンベルタンとクロ・ド・ベーズだけであった。

南と東を向いた完璧な立地の急斜面に位置するクロ・サン・ジャックを、特級畑の地位にふさわしいと考えるのは妥当である。そうなっていないのは、ほかのシャンベルタンの特級畑と離れていること以外に、ちょっとした政治的な経緯もあるのだろう。格付けがおこなわれた当時、この畑のすべてを所有していたのは俗物のムシュロン伯爵で、特級畑(と言うか、あらゆる格付け)の申請をするために必要な書類を書くのをおっくうがったというのである。格付けの取り決めをする会合でも伯爵は浮いていた。集まりを小馬鹿にして、煙草に火をつけたために、外に出て吸うように言われ、そのあいだに決定がなされたのだと、その場にいたルイ・トラペが話している。伯爵のために、特級畑の地位を与えようと言うものは誰もいなかったので、1級畑になってしまったのである。

ムシュロン伯爵がクロ・サン・ジャックを手放したのは1955年で、現在は5人の生産者が所有している。ルソー、ジャド、フリエ、シルヴィ・エスモナン、ブリュノ・クレールである。5人の生産者はそれぞれ、斜面上部から下部にかけて伸びる帯状の区画を所有していて、これは一貫した品質のワインを造る上で重要である。土壌は、上部では白色の泥灰質だが、下部では茶色っぽい粘土質になり、全体に小石が多く見られる。この3つの土壌タイプの組み合わせと、真南と真東に向いていることが、クロ・サン・ジャックがかくも完璧なワインになる理由である。骨格、重量感、そして必ず複雑性がある。

所有者たちには、特級畑への昇格を求めようという動きはない。比類なき1級畑として、孤高の存在に留めておきたいようである。(『ブルゴーニュワイン大全』ジャスパー・モリスMW著から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ