サントーバン(赤) 2019 750ml/ジャン・ジャック・モレル

価格: ¥5,850 (税込 ¥6,435)
[ポイント還元 64ポイント~]
数量:
在庫: 2本

返品についての詳細はこちら

twitter

ジャン・ジャック・モレル


ピュリニーモンラッシェとサシャーニュモンラッシェに挟まれたガメイ村の手前に彼のワイナリーがある。赤のサントーバン、白のピュリニーモンラッシェ共に斜面の南側に位置する畑は日当たりが良く、また、なだらかな丘が大陸性の強風を防ぐ役割を果たしているが、その分風の流れが少ないため若干湿気が高い。赤用品種に適した小石が多くて鉄分を含む土壌、白用の品種に適した泥灰岩質の土壌というようにその性質の変化が富んでいるために、偉大な白と赤が競い合うように共存している。

元登校拒否者などの社会復帰を教育する教師であったジャン・ジャック・モレルは、退職後の 1992 年、自分の趣味であったワインと菜園に人生を注ぐべく第二のスタートを切った。マコンの醸造学校に通いながら、ドメーヌ・ルー・ペール・エ・フィスで 3 年間、卒業後ピュイィ・フュイッセのシャトー・デ・ロンテで 4 年間働き、1999年、サントーバンとピュリニーモンラッシェに自社畑を買う。当時、醸造所建設の資金がなかった彼は、ブドウをネゴシアンであるオリヴィエ・ルフレーヴとピエール・イヴ・コラン・モレに売って生計を立てる。毎年素晴らしいブドウを作ると両ネゴシアンから贔屓にされていたことに自信を持った彼は、ついに 2004 年、銀行からの借金で設立した彼の醸造所でワインを仕込む決意を決める。その際、取引きのあったネゴシアンのひとつオリヴィエ・ルフレーヴへのブドウ提供を断ったため現在もわだかまりがあるとのこと。将来的にはピエール・イヴ・コラン・モレへの提供を断ち 100%ジャン・ジャック・モレルを目指す。

現在はオーナーであるジャン・ジャック・モレルが 1 人で 2.5 ha の畑を管理している。(季節労働者数人が時々手伝いに入る)彼の所有する品種は、赤はピノノワール、白は、シャルドネで樹齢平均は赤が 30 年、白が 50〜60 年である。彼は、認証はないが、畑はビオロジックの農法こだわり、除草剤、殺虫剤を一切撒かない。ボルドー液も最小限に抑え、ミルデュー、オイディオム対策には主に塩水を使う。昔ながらの方法を忠実に再現したいと意欲を燃やすジャン・ジャックは、醸造も自然派ワイナリー以上に自然︕︖な方法で取り組んでいる。

サントーバン(赤)


ピノ・ノワール。収穫日は9月13日と前年よりも2日早い!収量は春の遅霜と日照りにより18 hL/haと例年の60%減!2019年は全体的に収量が少なかったので、赤のトップキュヴェのLe Ban(ル・バン)のブドウも30%ほどアッサンブラージュされている!SO2無添加!ノンフィルター!

グロゼイユの赤い果実にシャクヤクやバラの高貴な香りが重なる。ワインは艶やかかつチャーミングで旨味のあるジューシーな果実味が染み入るように優しく、洗練されたミネラルとキメの細かいタンニンの収斂味が余韻を引き締める!(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ