フルーリー 2018 750ml/ジャン・フォワヤール

価格: ¥4,250 (税込 ¥4,675)
[ポイント還元 47ポイント~]
数量:
在庫: 2本

返品についての詳細はこちら

twitter

ジャン・フォワヤール


マコンからリヨンへ南下する途中、右手に大小起伏のある山々の連なる光景が一面に広がる。ボジョレーの街ベルヴィルから西へ6kmほど緩やかに登りきったところに、クリュ・ボジョレーのひとつであるモルゴンの産地ヴィリエ・モルゴン村がある。その村の中心地から少し外れたところにジャン・フォイヤールのドメーヌがある。
畑の総面積は16ha 。そのうちの1/3はクリュ・ボジョレーの畑で、モルゴンの中でもとりわけ評価の高い区画である「コート・ド・ピィ( Cote de Py )」とその近辺に持つ。その他の畑もちょうどモルゴンとボジョレー・ヴィラージュを挟む境界付近に点在し、クリュ・ ボジョレー、ボジョレー共にテロワール的には非常に恵まれた環境下でブドウを栽培している。気候はコンチネンタルで、夏はたいへん暑く冬はたいへん寒い。東西南 北に広がる丘陵地帯によって、冷たい風や多量の雨からブドウ畑が守られている。

現オーナーであるジャン・フォワヤールは、以前はワインの瓶詰め会社で働いていた。当時、仕事で瓶詰め設備のない小さなワイナリーをまわる機会の多かった彼は、マルセル・ラピエール、ギイ・ブルトン、イヴォン・メトラ等、現在活躍する自然派ワインの生産者と深く知り合い、次第に彼らのワインづくりに興味を抱くようになる。特にマルセル・ラピエールに影響を受けたという彼は、ジュール・ショーヴェの本を片手に、マ ルセルのカーヴに足繁く通いながら独学でワインの醸造を勉強した。 1981年、彼の父が畑仕事を辞めたのをきっかけに、畑を譲り受け本格的にワインづくりをスタートさせる 。 ジャンの艶っぽく、エレガントなガメイは、ボジョレーのヴァンナチュールを代表するだけではなく、AOC、ヴァンナチュール、品種の枠を超え、現在世界各国で高く評価されている。

現在、 ジャン・フォワヤールは16haの畑を4人で管理している。ブドウの品種は、ガメイのみで、樹齢は21~86年。畑は硫黄とボルドー液散布のみで、100%ビオロジック。とにかくブドウの質にこだわり、収穫時の選果は粒レベルで傷んだブドウは一切入れない。低温でのマセラシオンで、じっくり時間をかけた仕込みから出来上がるワインはまさに上品の一言。彼のつくり出す果実味豊かでエレガントなワインは、 ヴァンナチュールワインの愛好家以外の人たちからも評価が高く、ワインガイド「ル・クラスマン」を始めさまざまなガイドで取り上げられている。


フルーリー


2015年までフルーリーのブドウはジャンの弟のレジスから買っていたが、2016年から弟の近くの畑を3ha自社購入。2016年はミルデュー、2017年は雹の被害に遭いブドウがほとんどとれなく、今回の2018年が実質ジャンの畑のブドウで仕込んだファースト・ヴィンテージとなる。ジャン曰く、フルーリーはジャンの持つ畑の中で一番早くブドウが熟しやすいため、酸が落ちないよう収穫は常に一番初めに行なっているそうだ。今回も収穫日が9月1日とヌーヴォーの収穫よりも3日早い!出来上がったワインは、フルーリーらしいエレガントで官能的な果実味がある!アルコール度数が14%もあるのに、じわっと優しく染み入る口当たり、さすがジャン・フォワイヤールのワイン!と感嘆せざるを得ない!また、余韻に残る鉱物的なミネラルの苦みも心地よく、野鳩などのジビエ料理やボジョレー名物カルドンを使った野菜料理などとの相性が良さそうだ!

ガメイ。収穫日は9月1日。収量は35 hL/ha。2015年までジャンの弟のレジス・フォワヤールからブドウを買っていたが、2016年から自社畑に変わった!ワインを落ち着かせてすぐに飲み頃を提供できるよう1年間カーヴで瓶熟を経てからリリースされる!SO2は澱引きの際に20 mg/L。ノンフィルター!

ダークチェリー、グロゼイユ、シャクヤク、バラ、レモングラス、タバコの葉の香り。ワインはしなやかかつジューシーでふくよかな果実味が染み入るように柔らかく、チャーミングな酸、ほんのりビターなミネラル、繊細なタンニンが複雑に融合する!(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ