レゼルヴ・ド・ラ・コンテス 2015 750ml/シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド

価格: ¥6,400 (税込 ¥6,912)
[ポイント還元 69ポイント~]
数量:
在庫: 2本

返品についての詳細はこちら

twitter

シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド


現在、ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド(ピション=ラランド)は間違いなく最も人気が高く、1978年以降ポイヤックで最も一貫して輝かしいワインとなっているこの村の3つの名高い一級シャトーにも肩を並べられるほどである。1961年以降、大変な成功を収めてきたが、1970年代後半から1980年代前半にかけて、ランクザン夫人(彼女は同業者たちから親しみをこめて「女将」と呼ばれている)のエネルギッシュな指揮のもとで品質が劇的に向上したのは疑う余地のないことである。

ワインのつくりは知的で、暗い色をしており、しなやかで、フルーティで、若いうちから飲めるほどなめらか。マルゴーのパルメとともに、メドックでは最もよく知られたメルロのブレンド比率が非常に高いシャトーの1つという特異性があるのだが、それでもピション=ラランドは10~20年は上品に熟成できるだけのタンニンと深みとコクがある。 メルロの比率の高さ(35%)が、ワインのやわらかく、肉づきのよい特徴に一役買っていることも間違いない。

このシャトーは、かつてはピション=ロングヴィルという1つのシャトーの一部分だった。分割されたのは1850年で、ランクザン夫人の父エドゥアール・ミアイユが購入したのは1924年のことだが、現在の名声を築いたのは娘のほうだ。1980年代にはかなりの投資が行われ、1980年には発酵室が、1988年には新しい樽熟成のためのセラーとテイスティング・ルーム(お隣のシャトー・ラトゥールの壮観な眺め付き)が新しくつくられた。シャトーの改修が完了したのは1990年のことで、今では樽貯蔵室の上に立派な博物館もできている。ランクザン夫人もピション=ロングヴィル・バロンの筋向かいにあるこのシャトーに住んでいる。畑はポイヤックとサン=ジュリアンの両方にまたがっており、ピション=ラランドのしなやかなスタイルはそのサン=ジュリアン側の性質によるとされることが多い。 (『ボルドー第4版』から抜粋)


レゼルヴ・ド・ラ・コンテス


1級に近い評価を受けるポイヤック格付け2級シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドのセカンド。まさに貴婦人を連想させるエレガントな逸品。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ