キュヴェ・アレクサンドリーヌ ブリュット 2010 750ml/クリストフ・ルフェーヴル

価格: ¥6,380 (税込 ¥7,018)
[ポイント還元 70ポイント~]
数量:
在庫: 6本

返品についての詳細はこちら

twitter

クリストフ・ルフェーヴル


シャンパーニュ地方、エーヌ県の南にあるシャトーティエリ市。そこからさらに5kmほど南下すると、マルヌ川に沿うように南急斜面一面に広がるブドウ畑の丘が見えてくる。ボネイュの丘だ。その丘を登りきったところにクリストフ・ルフェーヴルのドメーヌがある。ブドウ栽培の北限に位置しているにもかかわらず、冬は穏やかで、夏と秋には日照を浴びるという有利な気候条件の恩恵を受けている。また、他のシャンパーニュ地方よりも雨が少なく、そのかわりマルヌ川が適度な湿度調節の役割を果たすという、ブドウ栽培条件に適したミクロクリマが複雑に機能する。

ワイナリーのオーナーであるクリストフ・ルフェーヴルは1983年、栽培学校を卒業してすぐに二毛作農家であった父親の仕事を手伝い、そこで土を大切にした有機農法を学ぶ。(クリストフの家系は、元は代々続くシャンパン用のブドウ栽培農家だったが、彼の父親の代で畑をほとんど閉めている)
1986 年、シャンパンづくりへの情熱が絶えなかったクリストフは、大手シャンパンメーカー・マムの管理する畑でヴィニョロンを経験しつつ、同時に父親の土地を新たに取得 し、ブドウの栽培を一から始める。収穫ができるようになってしばらくは大部分のブドウを農協に卸していたが、スタ ート時から栽培は有機にこだわった。ワイナリーとしてレコルタン・マニピュランのシャンパンを本格的につくり始めたのは1996年から。以降、醸造面では、ワインの移動に重力を利用したり、瓶詰め澱引きのタイミングを月の動向ではかったり、また栽培面ではシャンパーニュ地方で毎年開催される剪定コンテストで、1996 年、1998 年と2度の優勝を勝ち取るなど、シャンパンの品質のための努力、エスプリ、技術の向上に余念がない。

現在、クリストフ・ルフェーヴルは3haの畑を1人で管理している。(繁忙期は季節労働者が数人手伝う。)彼の所有するブドウ品種は、ピノムニエ、ピノノワール、シャルドネで、平均樹齢が20年。古樹になると60年から80年に達する。
彼のモットーは「ナチュラル」で、ワイナリーの敷地内には家禽、ウサギなどの動物、野菜など、今でも自給できるものは自らの手で育てるというこだわりがある。ブドウのビオ農法も、彼にとっては流行ではなく必然で、除草剤や 農薬を使わないナチュラルで味のあるブドウから良いシャンパンが出来上がると確信している。また、来年から畑の土起こしに馬を用いるなど、彼の関心はよりナチュラルな方向に拍車がかかりそうだ。


キュヴェ・アレクサンドリーヌ ブリュット


今回のアレクサンドリーヌは、前回よりもスレンダーでフィネスある味わいに仕上がっている!クリストフ曰く、2010年は収穫直前に降った雨により果汁を多く含んだ質量ともに満足のいくブドウを確保することができたが、一方で、酸やミネラル感のバランスの点から、品質がアレクサンドリーヌのレベルに達していないという不安がティラージュ直前まであったそうだ。当初彼は、レベルに達していなければ格下げすることも考えていたそうだ。だが、実際一次発酵を終え熟成し終えたワインを試飲したところ、予想以上にポテンシャルが高かったことから、予定通りアレクサンドリーヌに仕上げることを決めたそうだ!ポイントは結実不良のブドウ。彼曰く、この年はとりわけ花ぶるいによる結実不良のブドウが多く、この粒の小さなブドウが結果的にワインに凝縮した酸とミネラル感をもたらしたのだそうだ。7年半の熟成を経たワインは、泡立ちが限りなく細かく滑らかで持続性も長い!ドザージュもゼロで、アフターに残る鋭い鉱物の余韻も長く、実に完成度が高い!

シャルドネ。収穫日は9月23日。収量は73 hl/ha。シャプタリゼーションは一切なし!ワイン名は娘の名前から取った!1952年に植樹された古樹のシャルドネから、洗練されたミネラルと骨格豊かなワインが出来上がる!ノンドザージュ!SO2は収穫時と瓶詰め前に合計20 mg/L添加。

ミラベル、干しアンズ、アンジェリカ、麦藁、クルミ、ブリオッシュの香り。泡立ちは細かくクリーミーで、滑らかに広がる凝縮した旨味エキスに骨格のあるタイトな酸と塩気のあるチョーキーなミネラルがきれいに溶け込む!(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ