ラ・テニエール ピノ・ドニス 2020 750ml/ピエール=オリヴィエ・ボノーム

価格: ¥4,050 (税込 ¥4,455)
[ポイント還元 45ポイント~]
数量:
在庫: 1本

返品についての詳細はこちら

twitter

ピエール=オリヴィエ・ボノーム


ロワール地方のブロワ市から南に10kmほど南下した場所に、ボノームの醸造所がある。(ちなみに、そこから500m ほど離れた場所に、ピュズラ兄弟のドメーヌ 「クロ・デュ・テュエ・ブッフ」がある) 。彼がネゴシアンで買うブドウは、西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌから仕入れ、各畑ごとに独立したキュヴェを作り上げる。ネゴシアン畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、気候はそれぞれのミクロクリマが存在するが、主にロワール川とシェール川の影響を受ける。一年中穏やかで夏は暖かく、秋から冬春にかけては川と地上の温暖差で朝夕はしばしば深い霧に覆われる。

現オーナーであるボノームは、2004年、弱冠18歳の時にル・クロ・デュ・テュエ=ブッフの収穫に参加したのをきっかけにワインの世界に入る。その時はまだ学生で、ワインの知識もほとんどなく、収穫に参加した理由もただお金を稼ぐことが目的だった。だが、作業の飲み込みが早く判断力があり、おまけに力持ちであった彼は、ティエリにその才能を見いだされ、ティエリから共同経営者を前提にネゴシアンにスカウトされる。快諾したボノームは2006年から2008年までアンボワーズのワイン学校に通いながらティエリのネゴシアンで経験を積む。2009年、彼は3haの畑を所有し、それを機にティエリもネゴシアンの名前を「ティエリ・ピュズラ」から「ピュズラ = ボノーム」に変更し共同経営をスタートさせる。2011年、ボノームはさらに3haの畑を所有し徐々に拡大を図る。同時に、ティエリはこの頃からボノームにネゴシアンの仕事を全て任せ、彼自身はル・ クロ・デュ・テュエ=ブッフに専念し始める。2014年末、ティエリが正式にネゴシアン事業から離れ、ピエール=オリヴィエ・ボノームが100%経営を引継ぎ現在に至る 。

現在、ボノームのネゴシアンは正社員2名と隔週で働く契約社員1名の計4人で管理している。彼のネゴシアンで買うブドウは、赤はピノノワール、ガメイ、コー、ピノドニス、白はソービニヨンブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナンブランである。仕込みは状況に応じてだが、今まで通りティエリ・ピュズラが行っていた醸造方法を継承している。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジックな作りというのが決めてではなく、 これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを厳しく見極めている。ティエリ・ピュズラの ネゴシアンをそのまま引き継いだため、現在もネゴシアン主体であるが、実際は徐々に自社畑を増やしており、今後はドメーヌとしての割合を増やしながら、買いブドウとうまく共存する新しいネゴシアンのスタイルを模索する。


ラ・テニエール ピノ・ドニス


2020年の情報です。
2020 年はブドウが早熟の年。また、収穫前の雨のおかげで豊作に恵まれた年だった。当初収穫は9 月5 日と予定よりも早めに収穫するはずだったが、他のブドウも収量が多かったため収穫が後手に回り、赤の最後に収穫したピノドニスは結局 5 日遅れ、アルコール度数も 13.5%まで上がってしまった。暑い年の重たいワインに仕上がることを心配していたボノーム。だが出来上がったワインは、予想に反し、驚くほどふくよかかつ艶やかな味わいに仕上がった!豊潤な果実味と白コショウのようなスパイシーさ、キメの細かいタンニンのバランスが絶妙で、口に入れた途端チャーミングな赤い果実が横に広がるようなふくよかさがたまらない!酸が少ないので長期熟成には向かないが、それでも数年寝かせタンニンがこなれるとさらに化けそうなそんな官能的なワインだ!

ピノ・ドニス。収穫日は9月10日。収量は45hL/haと豊作だった!ボノーム曰く、2020年のピノドニスは収穫が後手に回ったが結果的に予想を超える高品質なワインに仕上がったとのこと!買いブドウはビオディナミ栽培者アランクルトーとビオ生産者シモンタルデューから!SO2は瓶詰め前のスーティラージュ時に15 mg/L添加。ノンフィルター!

クランベリーなどの明るい赤い果実に胡椒のようなスパイシーな香りが混ざる。ワインは艶やかかつジューシーで柔らかな赤い果実の旨味が染み入るように優しく、洗練されたミネラルとキメの細かいタンニンの収斂味が余韻を締める!(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ