エス・ピー 750ml/ラ・グランド・コリーヌ

価格: ¥7,000 (税込 ¥7,700)
[ポイント還元 77ポイント~]
数量:
在庫購入
20141本
20091本

返品についての詳細はこちら

twitter

ラ・グランド・コリーヌ


大岡弘武(おおおかひろたけ)さんは、明治大学理工学部を卒業後フランスへ渡り、ボルドー大学醸造学部でワイン全般を学んだ後にローヌ最大手GUIGAL社の、ジャンルイ・グリッパが所有していたサンジョセフの区画における栽培責任者を務めました。その後、北ローヌ地方を代表する自然派ワインの生産者で最高のコルナスを造ることで知られるティエリー・アルマンに師事、最後は栽培長を任されるまでになりました。師アルマンとの出会いは、大岡さんが後にワイン造りを始めるにあたって決定的と言えるもので、ブドウ栽培から醸造に至るまでのほとんど全てにおいて影響を受けたようです。醸造での人的関与を必要最低限に留める自然なワイン造りを実践するために最も大切なことは良いブドウを育てることに尽きるのですが、花崗岩に覆われた急斜面で夏は極めて暑く冬が寒いコルナスにおいては、畑仕事に費やす労力はいっそう厳しいものになります。大岡さんは、アルマンの下で働くことにより栽培や醸造に関する考え方だけではなく、厳しい労働に耐える強靭な精神力も身につけたと言えます。自分の本拠地を北ローヌと決めた理由について、畑における労働が最も厳しい土地であったから、と語っていたことが印象的です。

現在大岡さんがフランスで所有する畑は、2006年より自ら開墾した始めた極めて急峻なコルナスの畑です。大岡さんの師であるティエリー・アルマン氏の畑より標高が高い場所に位置しており、ローヌ川が眼下に広がる、森に囲まれた日当たりの良い場所に位置しており、2011年がファーストヴィンテージとなります。他のブドウは、借りている畑、そして信頼のおける生産者から購入したもので構成されております。栽培はビオロジックを実践しており、除草剤や化学肥料は使用しません。農薬は化学合成薬品ではなく、硫黄(ビオディナミの認証団体である「デメテール」で認可されているもの)に限定し、使用回数も極力減らしております。また、2月から3月にかけて行う遅い時期の剪定で徹底して不要な芽を取り除き、遅霜の影響を大きく受けるリスクは高まりますが、青刈りが不要となる理想的な収量制限を実現できることも栽培における特徴的なことでしょう。「少量でも構わないから良いブドウだけを育てたい」、大岡さんの畑仕事における考えです。醸造においては、その土地に育つブドウが醸し出す、純粋かつ繊細な果実味を楽しんでいただくことを目的として、野生酵母による自然な発酵とビン詰めに至るまでの全ての過程において酸化防止剤を使用しないことが特徴です。そのため、単に収量が少ないだけではなく、収穫されたブドウを更に選別して傷んでいない果実だけを使った醸造を心がけています。

大岡さんは2017年より日本に拠点を移し、フランス・ローヌ地方サンペレの醸造場に加え岡山醸造場を稼働させ、ワイン事業を通じた日本の農業、地方活性化に向けて、岡山で新たな取り組みを始めています。


エス・ピー


マルサンヌ100%。サン・ペレのアペラシオンは取得せずVdFとなり、頭文字を取りSP(エス・ピー)と名付けています。

2014年の情報です。
借りていたサン・ペレの畑を返却したため、この2014年が最後のヴィンテージとなります。

通常エス・ピーは酸化熟成をしておりませんが、このワインはタンクで1年熟成後に樽で48ヶ月酸化熟成を行なっています。

薄濁りの中程度の黄色。プラムやりんご、アプリコットのコンフィチュール、りんごの蜜などの香りに、文旦や晩柑、夏みかんや八朔など和柑橘のニュアンスが感じられます。酸化熟成とはいえ仄かにカラメルやドライアプリコット、擦りりんごのような風味を感じられるようにパワフルな酸膜ではなく、ジュラワインを彷彿とさせるような旨味の詰まった円さのある優しい仕上がりです。2009年のエス・ピーとは対象的に冷涼感がありピンと張りのある角の取れた酸が中心で、香りに感じられた果実や和柑橘の砂糖菓子のような風味と仄かな乳酸的なニュアンスが感じられます。中盤から酸の周囲を柔らかく包み込むように仄かにバニラを想わせるふんわりとした柔らかい風味や奥深い果実の風味が現れ、じんわりと溢れ出るような旨味が長く残りまろやかな旨味満載の仕上がりです。

2009年の情報です。
2017年2月に販売したエス・ピー2009年の再リリースとなります。2014年頃はネガティブなニュアンスがはっきりと感じられたために3年ほど保管して状態を整え、味わいが引き出されたところで販売に至りました。

再入荷したこのワインにはネガティブな印象がなく、前回リリースしたものに比べ熟成由来の複雑さや果実の芳醇な味わいが引き出され、抜栓直後から極めて魅力的で引き込まれるような様子を楽しむことができます。
*紅茶の茶葉のような澱が多くありますので、飲む1週間前には立てて保管し澱を下げて頂くと風味の安定感や雑味のない味わいを感じて頂けます。

黄金色。熟したカリンやマルメロ、りんごのコンポートや蜜など芳醇な果実香に、それに加え白トリュフを想わせる魅惑的な香りが感じられます。2009年は暑い年だったことから、他のヴィンテージ比べ色合いやボリュームもしっかりとあり、芳醇でふっくらとした仕上がりです。しかしながら、醸造後約10年の歳月が流れたことにより、膨らみのある味わいの中に他のヴィンテージにはない複雑と深い奥行きが引き出され、豊かな風味の奥にしっかりと大岡さんのサン・ペレらしい白葡萄を皮ごとかじったようなフレッシュな香りや風味、爽やかな酸が今も尚感じられます。舌先をピリッとかすめる感覚が一瞬あり、カリンやりんごのコンポートなどの凝縮感と深みを伴う果実味、白トリュフなど魅惑的で妖艶な味わいが口いっぱいに広がり、それでいて完熟した新鮮な果実のニュアンスと伸びやかな酸がバランスよく重たさを感じさせず、アフターに僅かな塩味も伺えます。加えて熟成由来の複雑さが絡み合う上質なリキュールのような充実した深みが感じられます。秀逸と断言できるほどありとあらゆる要素が詰め込まれた魅力溢れるワインです。(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ