コート・デュ・ジュラ トゥルソー レ・ルマシュール 2018 750ml/ドメーヌ・デ・キャヴァロド

価格: ¥4,091 (税込 ¥4,500)
[ポイント還元 45ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

ドメーヌ・デ・キャヴァロド


2009年6月フランス東部のワイン産地ジュラに向かうべく、玄関口の小さな街ドールからアルボワ方面へ。ディジョンから南東80km、ジュラ地方北部Liesle(リエル)にドメーヌを構えるエティエンヌ・ティボーは若きヴィニュロン。「ワイン造りは自分の最も自然な姿」と話す彼は、ロングのドレッドヘアーがチャームポイントで、大好きなレゲエの影響で仲間とバンドを組みドラムを担当するほどの音楽好きでもあります。アルボワから北東50kmのブザンソンで生まれたエティエンヌは、ワイン好きが講じてワイン道に入門。ヴィニュロン家系でなかったため自分一人でスタートを切り、アルボワのドメーヌで働いたあと、ボーヌで醸造学を学び、シャンボール・ミュジニーのロブロー・マルシャンで経験を積みました。その後自然派生産者との交流を重ね、2007 年に自らのドメーヌを立ち上げました。現在、所有畑1haと借り畑4haの合計5haでビオロジック農法を行い、ハーブを煎じたものを畑に散布、カーヴ 内での作業はムーンカレンダーに従って行うなどビオディナミの要素も取り入れています。この地方には「ferme (農場)」が多く点在し、「熟成」文化が根付くこの土地では穀物畑やブドウ畑の他、牛を飼いならし名物チーズ「コンテ」作りを行うfermeも少なくありません。彼はその一画を借りてブドウ造りを行ない、将来は8割を所有畑にしたいと意欲を見せます。

ドメーヌ名「キャヴァロド」は、彼が所有するコート・デュ・ジュラ、ムシャールのリューデイ名から名付けました。アペラシオンはアルボワとコート・デュ・ジュラの2つ、そのほかヴァンドペイ・フランシュコンテのワインも造っています。アルボワは鉱物成分が豊富で充分な保水能力があり、キンメリジャンの石灰質のミネラルが強く表現されるのが特徴。樹齢は15~115年で、古樹が植わる畑では多品種の混植も見られ、畑にはミツバチやてんとう虫が元気に成育しています。

「ワインは食べ物だから、消化の良いものでなければいけない」というエティエンヌは、「出来ることならSO2無添加で醸造したい、そしてその為には自分の技術を更に磨いて行かなければならない」と熱く語ってくれました。あのピエール・オヴェルノワも「若手ならエティエンヌ・ティボー。ワインもいいし人柄もいい。」と評価するキャヴァロドは、小さいドメーヌだからこそ出来る自然に習ったテロワールを生かすワイン造りの今後に益々期待が膨らみます。


コート・デュ・ジュラ トゥルソー レ・ルマシュール


トゥルソー。秋と春に年二回馬耕した粘土石灰(キンメリジャン)で育つ樹齢10~25年のトゥルソーを除梗し、10~20日醸しプレス、フードルで発酵後、45hlのフードルで熟成し4~5月にサンスフルで瓶詰めしました。

パープルガーネットの色、ミントやザクロの香りを感じます。溢れるフレッシュさとジューシーな果実味、すりおろしリンゴのやさしい味わいが長く拡がります。(インポーターさん資料から抜粋)

お一人様1本でお願い申し上げます。また「コート・デュ・ジュラ トゥルソー レ・ルマシュール」以外のアイテム(数量制限のないもの)を同時購入願います。


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ