ミュスカ・セック・デ・ルマニス 2021 750ml/ル・プティ・ドメーヌ・ド・ジミオ

価格: ¥4,820 (税込 ¥5,302)
[ポイント還元 53ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

ル・プティ・ドメーヌ・ド・ジミオ


ベジエ市からカルカッソンヌ市に向かう途中、北側の丘陵地に沿ってサンシニアン、ミネルヴォアとラングドック地方を代表する名産地が広がる。サン・ジャン・ド・ミネルヴォワ村はその2つの産地にちょうど挟まれるように位置する。隆起したプレートが織りなす複雑な台地、長い年月をかけて河川が浸食した、まるでグランドキャニオンを思わせる壮大な地形は、この地域独特の光景で目を見張るものがある。天然甘口ワインで有名な産地のひとつで、他に類を見ない芳香とフルーティさを兼ねたミュスカを産出することで定評がある。

1995年にブドウ畑を購入して以来、アン・マリー・ラヴェイスはブドウの古樹に息吹を吹き返すがごとくビオディナミ農法を実践し続けている。彼女のヴィオディナミ歴は古く、遡れば30 年前の、彼女が以前まで続けていたフルーツ菜園農家の時代までたどることができるという。残念ながら、農場は1993年の山火事により全焼してしまったが、これを転機に彼女はもともと興味を抱いていたワイン作りに人生を注ぐこととなる。

現在はアン・マリー・ラヴェイスと息子のピエールで4.5haの畑を管理している。赤白共に品種はサンソー、アリカント、テレット、ミュスカ・プティ・グレンなど土着のもののみで、ほとんどのブドウの樹が100年を超えている。彼女のブドウ畑のまわりには隣接する畑が無く、ビオディナミを実践するには格好のシチュエーションである。フルーツ菜園農家だった経験を生かし、ブドウの樹ひとつひとつの観察には特に注意を払う。ブドウ畑に撒く散布剤は、ビオディナミゼの時に必要な調剤のみ!と彼女の徹底した自然有機農法は、参考のため遠方から視察に訪れるワイナリーも後を絶たない。収穫は1世紀を経たブドウの樹から搾り出されるブ ドウのエキスは微量で収量調整の必要が無く、毎年10~14hL/haの収穫量で収まる。ブルゴーニュのグランクリュクラスで30hL/ha前後の収穫量が平均ということを考えると驚異的な少なさだ。醸造方法は至って自然派。「私は昔から農家であったから、栽培のプロではあってもワイン作りはまだまだ素人」と謙遜するアン・マリーは、自分がエノロジストでなく醸造の素人だったからこそ昔ながらの作り方、自然派のワインに抵抗無く耳を傾けることができたと現在を振り返る。自然酵母、ノンフィルター、SO2無添加(白は必要があればごく少量)添加で奇跡のワインをつくり出す。


ミュスカ・セック・デ・ルマニス


2021 年は、雨の多い年にもかかわらず収穫が 8 月 14 日とジミオ史上一番早い収穫だった上にアルコール度数 13.5%まで上がる完熟度合いだった。ちなみに、若木のミュスカでつくるミュスカ・ペット・ナットの収穫は 8 月 17 日とミュスカ・セックよりも遅く、アルコール度数も 12.5%と低かった。ピエール曰く、畑自体は隣接しているのに、この年は樹齢 100 年を超えるヴィエーユ・ヴィーニュと若木のブドウのポテンシャルの差がはっきりと出る面白い結果となったとのこと。出来上がったワインは、香りからすでに香水のような官能的なアロマと潮のヨードを感じるブーケが複雑に合い舞い、美味しさの期待値が上がる!酒質はピュアかつタイトで、アルコール度数 13.5%とは思えない、まるでブドウのミネラルだけが抽出されたようなクリスタル感あふれる味わいに仕上がっている!2021 年という試練の年でも、こういうシンプルかつ深みのあるワインをつくりあげてくるからジミオはやめられない!

ミュスカ・プティ・グレン100%。収穫日は8月14日と前年よりも2日早くミュスカ・セック・デ・ルマニス史上一番早かった!収量は20hL/ha。ワイン名のデ・ルマニスは畑の名前。残糖分は1.5 g/Lと今までで一番辛口に仕上がっている!SO2無添加!ノンフィルター!

ライムの柑橘系の香りにブドウの花、スイカズラ、ヴェルヴェンヌなどの爽やかな香りが重なる。ワインはフレッシュかつ透明感のあるエキスに潮を感じさせる磯のフレーバや塩気のある旨味があり、鉱物的なミネラルと線の細い酸が骨格を形成する!(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ