ルージュ・ド・コース 2021 750ml/ル・プティ・ドメーヌ・ド・ジミオ

価格: ¥4,820 (税込 ¥5,302)
[ポイント還元 53ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

ル・プティ・ドメーヌ・ド・ジミオ


ベジエ市からカルカッソンヌ市に向かう途中、北側の丘陵地に沿ってサンシニアン、ミネルヴォアとラングドック地方を代表する名産地が広がる。サン・ジャン・ド・ミネルヴォワ村はその2つの産地にちょうど挟まれるように位置する。隆起したプレートが織りなす複雑な台地、長い年月をかけて河川が浸食した、まるでグランドキャニオンを思わせる壮大な地形は、この地域独特の光景で目を見張るものがある。天然甘口ワインで有名な産地のひとつで、他に類を見ない芳香とフルーティさを兼ねたミュスカを産出することで定評がある。

1995年にブドウ畑を購入して以来、アン・マリー・ラヴェイスはブドウの古樹に息吹を吹き返すがごとくビオディナミ農法を実践し続けている。彼女のヴィオディナミ歴は古く、遡れば30 年前の、彼女が以前まで続けていたフルーツ菜園農家の時代までたどることができるという。残念ながら、農場は1993年の山火事により全焼してしまったが、これを転機に彼女はもともと興味を抱いていたワイン作りに人生を注ぐこととなる。

現在はアン・マリー・ラヴェイスと息子のピエールで4.5haの畑を管理している。赤白共に品種はサンソー、アリカント、テレット、ミュスカ・プティ・グレンなど土着のもののみで、ほとんどのブドウの樹が100年を超えている。彼女のブドウ畑のまわりには隣接する畑が無く、ビオディナミを実践するには格好のシチュエーションである。フルーツ菜園農家だった経験を生かし、ブドウの樹ひとつひとつの観察には特に注意を払う。ブドウ畑に撒く散布剤は、ビオディナミゼの時に必要な調剤のみ!と彼女の徹底した自然有機農法は、参考のため遠方から視察に訪れるワイナリーも後を絶たない。収穫は1世紀を経たブドウの樹から搾り出されるブ ドウのエキスは微量で収量調整の必要が無く、毎年10~14hL/haの収穫量で収まる。ブルゴーニュのグランクリュクラスで30hL/ha前後の収穫量が平均ということを考えると驚異的な少なさだ。醸造方法は至って自然派。「私は昔から農家であったから、栽培のプロではあってもワイン作りはまだまだ素人」と謙遜するアン・マリーは、自分がエノロジストでなく醸造の素人だったからこそ昔ながらの作り方、自然派のワインに抵抗無く耳を傾けることができたと現在を振り返る。自然酵母、ノンフィルター、SO2無添加(白は必要があればごく少量)添加で奇跡のワインをつくり出す。


ルージュ・ド・コース


2021 年は、ルージュ・フリュイが霜の被害に遭ったのに対し、ルージュ・ド・コースは寒気の通り道に当たらなかったおかげで霜の被害を免れた。この年は前年に次ぐブドウの早熟の年で、色の抽出も良かった。醸造は、タンニンの抽出が速かったので、エグミが出る前に早めにマセラシオンを切り上げた。出来上がったワインは、果実味が艶やかで上品なコクがあり、後から鉱物的なミネラルとタンニンの収斂味がじわっと口の中を引き締めるような、アルコール度数 11.5%とは思えない中身のあるワインに仕上がっている!2013 年に当時のルージュ・ド・コースの畑を今の樹齢 150 年を超す土着品種の畑と交換して早 8 年。畑を手に入れた当初は、ワインは田舎くさく野性味あふれる味わいだったが、アンヌ・マリーは一貫して「どんな畑も 7 年ジミオ流に管理すれば必ずジミオのワインになる!」と言い続けてきた。つまり、7 年かければ田舎くさいワインもエレガントに仕立て上げることができると言い続けてきたのだが、8 年を経た今、まさにその言葉通り、ワインを完全にジミオ色に変えた!この味わい深いエレガントなルージュ・ド・コースを飲むと、あらためてジミオの偉大さを再認識させられる!

アリカント、アラモン、グルナッシュ、カリニャン、テレット、リヴラン、ギュイサスなど。収穫日は9月5日と早期収穫の記録を作った前年よりも2日遅かった。収量は20hL/ha。畑は樹齢が150年を優に超えていて、3割近くが希少性の高い土着品種!ルージュ・ド・コースのCausseはカルスト台地のことを指す!SO2無添加、ノンフィルター!

グリオットやクランベリーの赤い果実にスミレの爽やかな香りや漢方薬の香りが重なる。ワインはピュアかつコクのある艶やかな果実味がジューシーで、鉱物的なミネラルとキメの細かいタンニンの収斂味が余韻を優しく引き締める!(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ