ナヴィス(赤) 2020 750ml/ル・マス・ダガリ

価格: ¥3,600 (税込 ¥3,960)
[ポイント還元 40ポイント~]
数量:
在庫: 3本

返品についての詳細はこちら

twitter

ル・マス・ダガリ


ラングドック地⽅の街ベジエから北へ 20 km ほど北上した緩やかな丘の中腹にネビアン村がある。その村の外れに「ル・マス・ダガリ」、リオネル・モレルのドメーヌがある。畑の総⾯積 24 ha、そのうちの 4 ha をリオネルが 100%管理する。南⻄に⾯した緩やかな傾斜をもって広がるブドウ畑は、galets roules(シャトー・ヌフ・デュ・パプの⼟壌と同じ)と呼ばれる⾓のとれた楕円形の⽯がごろごろと点在する。夏の暑く乾燥が著しい地中海の気候によりボリュームのある⼒強いワインを⽣み出す。

現オーナーであるリオネルの家系は昔からブドウ栽培農家を続けており、彼は4代⽬にあたる。彼の曾祖⽗にあたる初代オーナーの時代には⼀時期、ドメーヌとして⾃社ワインを造っていたそうだが、ワイン農協が村にできたことを期に、カーヴでの仕込みを⽌め、以降、彼の祖⽗、⽗親の世代はブドウ栽培農家⼀本で⽣計を⽴ててきた。リオネルがワインの世界に⼊ったのは 1998 年。最初は⽗親の下でブドウ作りを学び、2000 年に⽗親の勧めで紹介された、⽗の友⼈であり、また⾃然派ワインの⼤物でもあるディディエ・バラルの下で修⾏したことがきっかけで、彼は⾃然派ワインの世界没頭する。以降、ディディエ・バラルの紹介を受け、2001 年にはアルザスのジェラール・シュレール、2002 年にはローヌのティエリ・アルマン、2003 年にはロワールのシャトー・ド・スロンドと名だたる作り⼿たちを歩きまわった。2004 年に⽗親の畑から4 ha を譲り受け、ドメーヌを起ち上げるに⾄る。

現在、リオネルは⽗親の所有する 24 ha の畑の中から厳選した4 ha を 1 ⼈で管理している(⽗親はリオネルとは別に 20 ha の畑を、農協⽤のブドウ畑として社員と共に管理している)。彼の選んだ品種は、カリニャン、グルナッシュ、ムールヴェードル、シラーと全て⾚ワイン品種で、樹齢は 10〜15 年。彼の畑の約半分を占めるカリニャンに⾄っては 65 年の歳⽉が経っている。2004 年にドメーヌ「ル・マス・ダガリ」を起ち上げると同時に、50 年以上使⽤されていなかった曾祖⽗のカーヴを全⾯改装した。垂直圧搾機等、当時の道具で使えるものは修理して再利⽤し、できるだけ昔ながらのナチュラルなワインを再現できるよう努⼒している。


ナヴィス(赤)


2020 年は、ムールヴェールの発酵が途中スタッグしボラティルが上がってしまったため、今回はアッサンブラージュされていない。ヨ・ノ・プエド・マス同様に、収穫日は糖度計に頼らずブドウを食べた直感で決めた。いつもより早めの収穫だったので、今回はブドウの色合いと旨味をしっかりと抽出するためマセラシオンの期間を 4 週間と少し長めに取り、またタンニンのエグミが強調されないように贅沢にヴァン・ド・グートだけで仕込んだ。出来上がったワインは、エレガントさと骨格を兼ね備えたとても上品なワインに仕上がっている!ヨ・ノ・プエド・マス同様に、果実味が以前と比べて驚くほどチャーミングに整っていて、そこに長熟を予感させるカカオのようなほんのりビターな収斂味のあるミネラルとタンニンの複雑味が加わり、樽熟ワインとしての格調の高さが窺える!今飲むのであればステーキなどの肉料理と、そうでなければもう少し瓶で熟成を待ってタンニンがこなれた頃に飲むと、とてつもないワインに化けていそうな…そんな予感のするワインだ!

シラー50%、グルナッシュ40%、カリニャン10%。収穫日は8月13日~9月2日(シラー開始、カリニャン終了)と前年よりも2~7日早い!収量は40hL/haで、前年よりも10%増だった!2020年はシラーの醸造に全く不安がなかったのでSO2を添加していない!「ナヴィス」とはオック語で水源という意味。天然水源のように自然なワインという意味を込めて命名した。SO2はグルナッシュとカリニャンに20mg/L添加。ノンフィルター!

グロゼイユやダークチェリーの果実にスミレの落ち着いた上品な香りが重なる。ワインは艶やかかつコクのある滑らかでジューシーな果実味があり、ほんのりビターで滋味深いミネラルとキメ細かい タンニンの収斂味が骨格を形成する!(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ