ジェー・エ・エム(マセラシオン) 2019 750ml/ドメーヌ・ラ・ボエム

価格: ¥4,050 (税込 ¥4,455)
[ポイント還元 45ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

ドメーヌ・ラ・ボエム


フランス中南部、平野の真ん中に盛り上がったマシフ・サントラル(中央山塊)と呼ばれる一帯。クレルモン・フェランを東に40kmほど向かった緩やかな丘陵地が続くところにドメーヌ・ラ・ボエムがある。火山群と火山によってできた独特の痩せた土壌はブドウ栽培に適してはいるが、雨量が少なく、暑い夏と寒い冬と気温の差が激しい内陸性気候の影響をまともに受ける気候条件を加味するとやはりブドウにとって厳しい土地には変わりがない。オーヴェルニュとは「田舎」を指すフランス語で、19世紀までおよそ外部の人間が足を踏み入れることがなかったといわれるほどだ。ヴォルヴィックやヴィッテルなどのミネラルウォーターの湧水地としても有名。カンタル等AOCチーズも数多い。

かつてのパトリック・ブージュは、ワインの世界はアマチュアで、休日にワイン・ショップや極たまにワイナリーの訪問をするくらいの関心しかなく、自らワインを作ることなど考えも及ばなかったそうだ。その彼が人生を大きく方向転換するきっかけとなったのが、たまたまパトリックの当時付き合っていた彼女に紹介されたピエール・ボージェとの出会いで、以降、ピエール・ボージェのガイドの下、自然派ワインの世界にどっぷり足を埋めることとなる。普段はIBM でコンピューター技師の仕事を持つ彼は、一方で、自ら20アールの畑を借り、片手間だが週末と休日を利用して自分のワイン作りを開始した。分からないことは、常にピエール・ボージェからアドバイスをもらいながら、6年間は経験を積みつつ、表向きにはなりを潜めていた。それが2002年までの話。2003年に彼はワイナリーとして独立することを決意した後は、IBM でバイオの研究システムをつくる優秀なプログラマーだった地位を捨て、午前中だけ仕事をする契約社員に格下げするよう願いを出し、以降、1.5 haの畑を買い、教会の敷地内にある昔のカーヴを借りて2004年に正式にドメーヌ・ラ・ボエムをスタートさせる。

現在はオーナーであるパトリック・ブージュが1人で1.5haの畑を管理している。彼の所有する品種は、赤のガメイ・ド・オーヴェルニュの1品種のみで、樹齢平均は60~100年である。ナチュラルな赤ワインを仕上げることももちろんだが、当時から彼は、赤を作るのと同じくらいペティアンを作ることに興味があり、修業時代は「納得のいくペティアンナチュレルを作るまで、独立はしない!」と5年間は試行錯誤を繰り返していたという。畑もビオロジックの農法こだわり、除草剤、殺虫剤を一切撒かない。ブドウの収穫量も、毎年シャプタリゼーションの必要のない糖度の乗ったブドウを作るために、30hL平均に収める。(力みすぎたのか!?2005 年はブドウを落としすぎて収穫量が17hL!)


ジェー・エ・エム(マセラシオン)


ミュスカアレクサンドル35%、グルナッシュグリ25%、リースリング20%、ピノオーセロワ20%。収穫日は8月24日、10月4日。収量は30hL/ha平均。買いブドウは、ルーションのビオ生産者ヴァンサン・ラファージュそしてアルザスのグップから!ミュスカアレクサンドルはジャー、グルナッシュグリはアンフォラ、それ以外はのフードル(大樽)で仕込ん仕込んでいる!ワイン名は、当初グルナッシュグリとミュスカアレクサンドルだけで仕込む予定だった品種の頭文字を取ったG&Mという名前となった!SO2無添加!ノンフィルター!

ネクタリン、黄桃、キンモクセイ、白いバラ、ジンジャーの香り。ワインはフルーティーかつほんのりスパイシーで、まったりとした桃のようなエキスに旨味が詰まっていて、繊細な酸、紅茶のようなキメの細かいタンニンが骨格を形成する!(インポーターさん資料から抜粋)

お一人様1本でお願い申し上げます。また、数量限定でない他のワインを同数ご注文くださりますようお願い申し上げます。


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ