シードル・デュ・フォールマネル キュヴェ・シレックス 2012 750ml/ドメーヌ・デュ・フォール・マネル

価格: ¥1,870 (税込 ¥2,019)
[ポイント還元 20ポイント~]
数量:
在庫: 2本

返品についての詳細はこちら

twitter

ドメーヌ・デュ・フォール・マネル


ノルマンディー地方のカーン市から南東約50km、フロマージュで有名なカマンベールとリヴァロに挟まれるようにサン・ジョルジュ・アン・オージュ村がある。この村周辺は、ACオージュというシードルの中でも唯一アペラシオンが存在するシードルの最適地なのだ。気候はイギリス南部の西洋海岸性気候と似て1年中穏やかで寒暖の差が少ない。しばしば海の影響を受け、湿度が高く雲の多い天気が続き、霧のような雨が降る。

ドメーヌ・デュ・フォール・マネルの歴史は古く、初代フレモンはフランス革命前に80hLの土地を買い、りんご園と酪農を始め、シードル、カルヴァドスは1765年から作り始めている。その時に使われていたプレス機は今でも現役で活躍しているとのこと。それから5代に渡り一貫して酪農とシードル、カルヴァドス作りは受け継がれている。
5代目のジュリアン・フレモンに受け継がれてからは土地の面積を45haに落とし、酪農から食用牛の家畜業に替えている。シードル作りに関しては、炭酸ガス注入の安易な方法がもてはやされている中で、一貫して初代の伝統的なシードル作りを継承している。

現在はオーナーであるジュリアン・フレモンと父親、従業員の3人で12haのリンゴ梨園と45haの牛の放牧地を管理している。彼の所有するリンゴ園は平均樹齢が80~200年、梨になると150~200年に及ぶ。彼らの仕事は昔から変わらず、果実園はビオロジックの方法で(彼は、「エコシステム」と呼んでいる)仕立てている。すなわち、農地の中で牛が牧草を食べ糞をし、糞が堆肥となりリンゴ園の肥料となる。また成長したリンゴの樹が陰を作り、夏は牛たちの格好の日よけになる。汚染されていない牧草を食べ伸び伸びと育った牛は、素晴らしい肉になる。 (実際に、彼の食用肉は毎年パリの市場で高値で取引きされている。)このような自然の循環で育てられたリンゴと伝統的な手作りの仕込みによって、他では味わえない最高に味わい深いシードルが出来上がる。また、ジュリアン・フレモンは自然派ワインの愛好家でもあり、各地ドメーヌ訪問をくり返しながら、交流を深めお互いに勉強しあっているとのこと。


シードル・デュ・フォールマネル キュヴェ・シレックス


甘みと苦み、酸のある晩熟の品種5 種類をアッサンブラージュ。収穫日は11月20日~12月4日。 収量は例年の70%減!2012年はサン マルタン、ムーランナヴァン、ノエル デシャン、プティットソルト、ランボー など酸の強い品種と苦みのある晩熟 の品種を5種類使用。瓶詰め時に 10mg/lのSO2添加。残糖分は12g/l。

リンゴの皮、ミント、よもぎ、仁丹の香り。味わいミネラリーかつドライでまとまりがあり、キレのある酸と泡立ち、 繊細な苦み、タンニンの収斂味が複雑に合い舞う!(インポーターさん資料から抜粋)


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ