フュージョン(赤) 2020 750ml/ノー・コントロール

価格: ¥4,230 (税込 ¥4,653)
[ポイント還元 47ポイント~]
数量:
在庫: 1本

返品についての詳細はこちら

twitter

ノー・コントロール


フランスの「へそ」に例えられる、マシフ・サントラル(中央山塊)に囲まれた中南部の都市クレルモン・フェラン。そこから北に 15 km ほど上ったところに、ミネラルウォーターで有名なヴォルヴィック村がある。その村の麓にノー・コントロールの畑があり、ドメーヌはさらに北東へ 10 km ど向かった小さな町ル・シェー(Le Cheix)の外れにある。畑の総面積は 5 ha で、標高 400〜500 m の東から南向きの丘陵地に点在する。AOC は 2011 年に新しく昇格したコート・ドーヴェルニュ(Cotes dʼAuvergne )だが、ワインのタイプや SO2 の量などがアペラシオンの規定に沿わないため、全て VdF として仕込んでいる。火山群によって堆積した土壌は、主に花崗岩質と玄武岩質で構成され、香り高く果実味がチャーミングで軽快なワインを生み出す。気候は大陸性気候と山岳気候の両方の影響を受ける。冬は寒く乾燥していて、夏は日差しが強いが、標高が高いおかげで猛暑になりにくい。また、マシフ・サントラルの山々が大⻄洋から来る雨雲を遮ってくれるため、1 年を通して雨の影響が少ないのも特徴。

オーナーのヴァンサン・マリーは、ノルマンディーのカーン出身で、ワイナリーの家系ではなく、またオーヴェルニュとは全く無縁だが、畑の価格条件が良く、ピノノワール、シャルドネ、古樹のガメイ・ド・オーヴェルニュといった魅力的な品種があること、またあこがれのラ・ボエムやピエール・ボージェのワイン産地であることから、この地を選びドメーヌをはじめている。彼が最初にヴァンナチュールを知るきっかけとなったのは大学時代、スポーツ経営学を学ぶ傍ら、個人的な趣味で 2001 年からワインスクールに通い始めた時のことだった。偶然門を叩いたワインスクールが、たまたまヴァンナチュールに特化した授業カリキュラムだったという全くの偶然を機に、彼はどんどんヴァンナチュールの虜になっていく。2004 年に大学を卒業し、大手スポーツ用品の会社に就職をするも、ワインスクールは継続して通い続けた。そして、2005年彼はワイン仲間を募ってカーンで小さなワインサロンを立ち上げた。このワインサロンは 2008 年まで続け、ここでたくさんのヴァンナチュール生産者と直接知り合うきっかけをつかんだ。当時彼はスポーツ用品の営業マンだったが、次第にワインづくりに興味を持ち始める。2008 年、アルザスの本社に転勤になり、スポーツ用品の Web マーケティングを担当する。この時期彼は、より深くヴァンナチュールを学ぶために、余暇のほとんどを生産者訪問に費やした。そして、ついに 2012 年、ワイン生産者になる決意を固め、8 年間働いた会社を退職した。会社を辞めてすぐに半年間ジェラール・シュレールで研修を行い、さらに半年間ジュリアン・メイエーでの研修を経て、2013 年、オーヴェルニュで 2 ha ブドウ畑を所有し、ノー・コントロ ールを立ち上げる。

ヴァンサン・マリーは 2015 年現在 5 ha の畑を一人で管理している。(忙しい時は家族が手伝う)。彼の所有するブドウ品種は、ガメイ、ピノノワール、シラー、シャルドネの 4 種類で、樹齢は 12 年の若木から 110年の古樹まで幅が広い。また、彼自身、アルザスやロワールにゆかりがあることから、近い将来、シルヴァネールやピノオークセロワ、リースリング、ソーヴィニョンブラン、シュナンなど植樹する予定でいる。彼のモットーは「自由な発想で、極上のヴァン・ヴィヴァンをつくる︕」ことで、基本 SO2 無添加、ノンフィルターだが、そこも決して型にとらわれずに、生き生きとして、美味しさが弾けるようなワインを目指している。趣味は、トレイルランニングとサイクリング。サイクリングに関しては、かつてフランス代表候補に選ばれたり、プロサイクリストとしてスカウトされるほどの実力を持つ。


フュージョン(赤)


ロカイユ・ビリー同様に、2019 年はソルティール・ド・ランフェールにアッサンブラージュされリリースなし。今回 2 年ぶりのリリースとなる。2020 年は、収穫したブドウは傷ひとつなく完璧だった。だが、酵母の勢いが弱く発酵に苦労した年だった。ロカイユ・ビリーと同じく、発酵を促進させるためにマセラシオン期間中は毎日ピジャージュとルモンタージュを施し、また、ボラティルを止めるために、発酵途中にフィルターをかけ SO2 を少量添加した。その後は発酵が安定し、6 ヶ月かけてゆっくり発酵を終わらせた。出来上がったワインは、果実味が柔らかくロカイユ・ビリーに酒質は似ているが、フュージョンの方がより艶やかで酸に伸びがある!ちなみに、ロカイユ・ビリーとフュージョンの違いはテロワールで、ロカイユ・ビリーは、花崗岩の力強く品種の特徴が味わいにダイレクトに反映されるのに対し、フュージョンは、泥土状の火山灰が堆積した水はけのよい土壌で、テロワールに反映されたエレガントでフィネスあるワインが特徴とのこと。

ガメイ・ド・ボジョレー60%、ガメイ・ド・オーヴェルニュ40%。収穫日は9月20日と前年よりも1週間早い!収量は40 hL/ha。ワイン名は、灰色泥灰土の若木の畑と玄武岩の古樹の畑のブドウの融和(Fusion)を表したのと同時に彼自身がフュージョンロックが好きということもあってこの名前が付けられた!SO2は発酵中に20㎎/L、フィルター有り。

ドライプルーンやカシスのジャムのような濃縮した黒い果実や山椒、シソ、お香などオリエンタルな香り。ワインは艶やかかつじわっと広がる強かな酸とジューシーな果実のコクが染み入るように優しく、滋味深いミネラルと繊細なタンニンの収斂味が余韻を優しく引き締める!(インポーターさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ