勝沼甲州樽発酵 2013 750ml/シャトレーゼ勝沼ワイナリー

価格: ¥2,000 (税込 ¥2,160)
[ポイント還元 22ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

シャトレーゼ勝沼ワイナリー


お菓子のシャトレーゼのグループのワイナリーとして2000年より醸造を開始しました。“シャトレーゼ”が生まれたのは、日本一のぶどうの名産地、山梨県甲州市勝沼町。
その前身、焼き菓子「甘太郎」は、砂糖などの少なかった時代に、本物の素材にこだわり大人気となりました。以来、お客様に喜ばれることを第一に考え、季節のフルーツ、新鮮な牛乳、卵を使い、素材にこだわったお菓子づくりを行っています。
そして…、ぶどうと言えばワイン。
食後のデザートだけでなく、食全体を通して楽しめる、上質なワインをお届けしたい…、この想いからシャトレーゼのワイン造りはスタートいたしました。

「シャトレーゼベルフォーレワイナリー 勝沼ワイナリー」では、シャトレーゼの創業地でもある日本一のぶどう・ワインの産地「勝沼」で、『厳選した“山梨県産葡萄”を真心込めて丁寧に醸造する』収穫の喜びをともに分かち合い、基本の部分を大切にしたワイン造りに取り組んでいきたいと考えております。

ワインの仕込みは、8月~10月に行われます。ブドウのポテンシャルを最大限に引き出せるように醸造家は、五感を使って酵母やワインと向き合いながら丹念に仕込んでいきます。熟成中のワインには、厳しい品質管理と繊細な作業が必要となります。飲み頃を迎えたワインは、ボトリングされ、温度管理された部屋で静かに保管されます。日照条件や雨量により毎年大きく変化する中、常に畑とブドウと向き合いながら、試行錯誤し、その年の一番よい状態で収穫し、仕込みを行うようにしています。これからも、より美味しいワイン、お客様に興味を持っていただけるようなワインを目指して日々、探求していきたいと考えております。

スティルワイン以外にもスパークリングワインを製造しています。2012年7月に瓶内二次発酵の本格スパークリングワインの製造設備を導入いたしました。今までは、全て手作業で行っていましたが、設備の導入により、半自動化され、品質や作業効率も格段にアップしました。自社農場のシャルドネ種を100%使用した「スパークリングワインシャルドネ」。キメの細かい滑らかな泡は瓶内二次発酵の証。泡の持続性も長く、クリアかつ酵母由来のボリュームをお楽しみいただけます。


勝沼甲州樽発酵


甲州。山梨県勝沼町の中でも最もブドウ栽培の気候条件に適した鳥居平地区の甲州種ブドウを使用し、フレンチオーク小樽で発酵・熟成させられた柔らかいオークの香りのある、芳醇な味わいの辛口に仕上げました。
ブドウのフレッシュな果実味とオーク由来のクリーミーな風味、酸とのバランスもよい秀逸な甲州ワインです。(ワイナリーさんの資料から抜粋)


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ