ソレイユ甲州 2018 720ml/旭洋酒

価格: ¥1,800 (税込 ¥1,944)
[ポイント還元 19ポイント~]
数量:
在庫: 3本

返品についての詳細はこちら

twitter

旭洋酒


もともと旭洋酒は栽培農家の組合としてスタートしましたが、栽培農家の減少などで共同経営が難しくなり、2002年、現在のオーナーである鈴木夫妻が引き継ぐことになりました。

旭洋酒のワインたちは、優しくてホッとできる太陽のようなワインを造りたいという夫妻の思いから「ソレイユ(太陽)・ワイン」と名付けられています。

「私たちは力強さを追求することよりもブドウの魅力を引き出した、柔らかな温かみの感じられるワインを目指します。」


ソレイユ甲州


甲州。旭洋酒の看板ワイン!

3軒の契約農家による高糖度のブドウを用い、渋味を抑え香味豊かな果汁をえる目的でホール・バンチ・プレス※をしています。醗酵後は澱とともにタンクで貯蔵しフレッシュさと旨みを併せもつ辛口に、複雑さを生かすためノンフィルター生詰で仕上げています。夏から秋にかけて緩やかに熟成し味わいの変化を楽しむことができます。

記録的な猛暑の夏だった2018年。甲州種ワインの要素として大切にしている「酸」が落ちるのを予想し、最初の収穫であるこのワイン用は日程を切り詰めて前倒しました。9月に入ってからは雨や曇りが多かったため糖度は伸び悩みましたが、本年からヤマヂの急斜面畑のブドウが9割以上となったこともあり、酸の値は理想的でした。前年のような濃い色合いではなく発酵後半は涼しげなレモンの香が漂っていました。

文旦など、黄色い大ぶりの和柑橘とその花、白胡椒などのやわらかな香。アタックは円く心地よい重みで舌に落ち、みずみずしい酸とともに蜜柑のような明るい果実味が伸びゆきます。味わいは途切れることなく弧を描いて着地、渋みや苦みは果実に溶け込んでいて主張しません。

澄んだ出汁のスープ、旬の焼きor蒸し野菜、山菜や野菜の天麩羅、白身魚の昆布〆、豆腐料理、蕎麦料理、蒸し鶏、豚しゃぶ、常夜鍋などと。フレッシュなうちは塩やハーブの味付けで、熟成してくると醤油や味噌との馴染みがよくなってきます。

無濾過生詰のため澱や酒石が沈殿します。飲用適温10℃前後


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ