KOSHU CUVEE SW 2023 750ml/セブンシダーズワイナリー

価格: ¥2,800 (税込 ¥3,080)
[ポイント還元 31ポイント~]
数量:
在庫: 2本

返品についての詳細はこちら

twitter

セブンシダーズワイナリー


山梨県河口湖町「葡萄農家を“まるごと”ワインに」をテーマに葡萄の個性を最大限に表現する醸造家と山梨県内の契約葡萄栽培者がつくる河口湖初のワイナリー。

「7c | seven cedars winery 」の名は、河口浅間神社( 865年奉斎 )の千年杉に由来しています ( 7本杉 = seven cedars )。その昔、富士の噴火を鎮めるために建てられたこの河口浅間神社は、以来、この河口という土地を守り、地域に根差し、親しまれてきました。新たにこの土地に生まれ、根差し、葡萄畑とともに育っていく小さなワイナリーを、あたたかく見守っていってほしい。そんな思いを込めて、この地ならではの縁( ゆかり)を名に冠しました。

seven cedars wineryは、葡萄栽培者、地域・農地を守る取り組み、数々の御縁や想い、などが繋がってかたちになったワイナリーです。ワイン造りは、「風土の表現」「葡萄の表現」「栽培者・造り手の表現」を志すもの。

この醸造所の特徴は、上記を実現するために様々な工夫を凝らしたこと。契約栽培者の数や生産量に合わせて、比較的小さな容量のタンクをきめ細かく設置。また葡萄に優しく、かつ少数スタッフでやり繰り出来るような施設レイアウトや醸造用設備を導入。小さなワイナリーだからこそ、栽培者毎に異なる葡萄の味わい・性質を大切にし、もう一歩深く踏み込み、「見る」「つかむ」「見出す」をseven cedars wineryのワイン造りの基本としていきます。目指すところは、葡萄栽培者に光を当てたワイン造り。全ての製品に栽培者の名前と、葡萄の品種・構成比率を明記します。

栽培・醸造責任者、鷹野ひろ子さん。山梨大学工学部発酵生産学科卒業。在学中にワインの美味しさを知り、ワイン造りの道を志すように。 某ワイナリーオープニングスタッフとして入社するが、結婚を機に退社。 その後、ワインスクールの講師、他ワイナリーでの勤務、フランス・ボルドーでの仕込み研修等を経て、 2011年より前職のワイナリーに入社。チーフワインメーカーとして、ワイン製造の統括を行う。 コンクールで多数の金賞を受賞。2021年(株)大伴リゾートに入社し、セブンシダーズワイナリーの立ち上げに従事。現在、ワイナリー栽培・醸造責任者。


KOSHU CUVEE SW


栽培者の個性と風土が光る良質な甲州種ぶどうの味わいを素直に引き出したワインです。シンプルな造りだからこそ、栽培者の作る葡萄の品質がストレートに表現されています。二人の栽培者のワインをブレンドし、タンク熟成することで、味に深みが加わり、更に品質を高めました。*ラベルの2トーン色の比率は、真正面から見た時、栽培者の原料構成比率を表しています。

栽培者/品種構成 :里吉一広 甲州 61%
          若林喜久男 甲州 39%

色調はきれいなイエローリンゴ、びわ、洋梨などの甘く柔らかい果実の香りを最も豊かに感じます。 口中はボリューム感を含め果実味、しっかりとした酸、渋味、旨味などが調和し味わいのバランスの良さを感じます。今回同時にリリースする5種のワインの中において中間的な味わいのボリュームがあります。

生産本数:861本限定
味わい:辛口
アルコール分:12%
総酸度 : 7.1g/L
適温温度:12℃

ワインに合う料理
・のり巻き(カッパ)
・おでん
・がんもどき
・ボンゴレ
・半生干しぶどう
(ワイナリーさん資料から抜粋)


インスタ始めました!フォローお待ちしています♪

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ