オーパス・ワン 2012 750ml/オーパス・ワン・ワイナリー

価格: ¥45,000 (税込 ¥48,600)
[ポイント還元 486ポイント~]
数量:
在庫: 売り切れました

返品についての詳細はこちら

twitter

オーパス・ワン・ワイナリー


カリフォルニアワインの父と呼ばれたロバート・モンダヴィとボルドーの名門シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロートシルト男爵とのジョイントベンチャーから生まれたワイナリーです。

1981年、第一回のナパヴァレー・ワインオークションでこのジョイントベンチャーのワイン、1ケースが2万4千ドルで落札され、カリフォルニアワイン史上、最高価格を記録しました。1982年、ロバート・モンダヴィとフィリップ・ド・ロートシルト男爵は、ラベルのデザインにも取り組みました。二人は、ジョイントベンチャーの表記に英語圏とフランス語圏のどちらでもわかりやすいラテン語を選びました。フィリップ男爵は、音楽用語で作曲者の第一番の偉大な作品という意味を込めて、オーパスという名前を発表しましたが、2日後、もう一つ言葉を加えて、“オーパスワン”という名前が提案されました。

1979年と1980年のヴィンテージは、オーパスワンの最初の発売として、1984年に同時にリリースされました。オーパス ワンは、その後、1本の価格が50ドル以上のワインカテゴリーを設定し、アメリカ初のウルトラプレミアムワインとして知られるようになりました。


オーパス・ワン


母なる自然は、穏やかな気温と豊かな日照に特徴づけられる素晴らしい成育期をもたらし、このヴィンテージに味方してくれました。ぶどうは、深みのある風味と層をなす複雑味、素晴らしいストラクチャーを備え、収穫は9月21日から始まり10月20日に終了しました。

ワインは濃い果実のアロマを呈し、かすかに森の下草や黒鉛のニュアンスがアクセントとして感じられます。丸みを帯びたまろやかな舌触りとサテンのようなきめ細やかなタンニンが、カシス、ブラックベリー、ブラックチェリーといったクラッシックな風味を包み込みます。洗練され、熟成のポテンシャルを秘めたこのワインは、生き生きとした酸と、しっかりとした構成を持ち、長い余韻が魅力的です。


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ